記事の詳細

有名な話ではあるが元『NEWS』のグループ”「やまぴー」の”筋肉がすごい”という話は随分と前から話題となっていた。しかし、筆者は実際にやまぴーの筋肉を調べるまでに至らず噂は自分の中で風化していき、今日という日まで過ごしてきたわけだ。

そんなある日、Netflixでネトフリ限定ドラマを見ていると、あの噂されていたやまぴーが突如として自分の目の前の映像に筋肉出演してきたわけだ。ドラマを見るのも久々だし、やまぴーを見るのも池袋ウエストゲートパーク以来だったのではないか?というレベル。何より思った以上に「自身の筋肉の表現とアピール」が上手くて笑ってしまった。

そんな今回の記事は鍛えてる身として素直に評価したい「今際の国のアリス出演」のやまぴーこと「山下智久」さんをシェアしていきたい。

スポンサーリンク

やまぴーとは?

(画像引用元:https://www.jprime.jp/list/tag/山下智久)

やまぴーのフルネームは山下 智久(やました ともひさ)。元「NEWS(手越祐也、山下智久、錦戸亮、草野博紀、内博貴、森内貴寛)」というジャニーズのグループで活躍していた。歌手だけでなく俳優としても芸能活動をしている超有名人である。ジャニーズに入る前、母親に履歴書を送って貰ったが「合格」とは言われず、怪我してもレッスンに通っているうちにその根性を認められて自らチャンスを掴んでいった経緯も持つ男だ。

当初、中々ドラマを見ない筆者を夢中にした「池袋ウエストゲートパーク」に出演していたのは懐かしい話。

丁度今回紹介したいシーンがあるNetflix限定ドラマ「今際の国のアリス」を配信しているNetflixに「池袋ウエストゲートパーク」も配信開始(2023年1月現在)されているので気になる方はチェックだ。

Netflix(ナチュラルリンク)

それでは本題に入っていこう。というのも、Netflix限定ドラマ「今際の国のアリスシーズン2」出演の山下智久さんの筋肉が思った以上にすごいという話だ。尚、これ以降「今際の国のアリスシーズン2」のネタバレ要素も含まれるのでご注意。

今際の国のアリス出演のやまぴー(山下智久)の大胸筋の筋肉がすごい件について

今回やまぴーこと山下智久さんが出演するドラマ「今際の国のアリスシーズン2」ではカリスマ性の塊とも言える役「キューマ」という人物を演じていた。

鍛えられた身体とキューマ役がめちゃくちゃ型にはまっていることから、聴者を世界観に一気に引き込んだ。

基本的に表情を表に出さない役で、無表情系の強敵感を漂わせる。印象的には「アダムとイブの”アダム”」を連想させられた。わかりやすく言えばアニメの週末のワルキューレ「アダム」といったところだ。こういった神様属の強い系に弱い筆者の心を強く掴んだ。

実際に山下智久が演じる「キューマ」が強いのか?味方なのか?悪者なのか?は本作を見て頂くお楽しみとしておいて注目するべきはやはり鍛えられた身体だろう。

筋トレガチ勢からすれば「まだまだ」という声もありそうだが、表現力に至っては「流石俳優」という事もありそこらの筋トレガチ勢よりも「魅せる事が上手い」と言える。

筋トレガチ勢である立場から言えば「デカい」だけが全てではないという事を学ばされる。自分に合ったボディデザインをし、自分のポテンシャルを最大まで引き出す魅せ方ができるなんて素晴らしすぎるの一言に尽きる。

ベストコンディションをきっちりと「キューマ」という役に持っていき、自分がベストとするボディデザインを正解として視聴者に映しだす力。これは、鍛え手我々一同が一番欲しているものでもあるのではないか?と思わせられた。

そして、やはり筋トレをしている身として考察したいのが「山下智久のトレーニングメニュー」だ。

やまぴーの大胸筋の筋肉はどんな筋トレメニューでつくってるのか?

もし、筆者がやまぴーのようなボディデザインをしたいと思うのであればおそらく以下のような筋トレメニューを組むだろう。

・インクラインダンベルフライ4SET

・ペックデッキフライ3SET

・バーベルベンチプレス15回限界の重量で3SET

・シーテッドアーノルドプレス

・アブローラー

・ツイストクランチ

・レッグレイズ

上記のように予測したが、実際に本人のInstagramやTwitterなどの情報ではもっと基礎的な筋トレに触れていた。例えば自宅トレーニングでは筋膜リリースやプッシュアップ、クランチ、アブローラーなどである。(アブローラーの予測は的中)

自宅で自重トレーニングの様子 山下智久 Instagram

また、スポーツジムでウエイトトレーニングをしている風景もアップされていた。

ウエイトトレーニングの様子 山下智久 Instagram

動画上、やまぴーが採用していた種目はレッグプレス、デッドリフト、プレスダウン、ケーブルオーバーヘッドエクステンション、アーノルドプレス、ロープトレーニングだった。ここで筆者の予測を大きく外し、的中したのはアーノルドプレスのみだった事は悔しいと言わざるをえない。(とは言っても、このトレーニングメニューだけではない事は確かだろう。)

さてさて、いかがだっただろうか。

筋トレガチ勢には鮮度の高いモチベーションとなったはずだ。気になった方は是非Netflix限定ドラマ「今際の国アリス」を見て頂きたい。

それでは今回はここまで。

本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る