記事の詳細

今回は「筋トレが楽しすぎる理由」をそこらに転がっているような軽い理由でなく、僕なりに「楽しすぎる理由」を集めてみました。今の世の中「筋トレが楽しい理由」が「筋トレ」があまりにも短すぎるため少し軽すぎますね。笑

もっともっと濃く凄いものですよ、実際。いや、最初は軽くても濃くなっていくんです。それでは書いていきます。


スポンサーリンク



目標ができる

k-ta03

筋トレの中でも重量を扱う「ウエイトトレーニング」が格段に目標ができやすいです。ウエイトトレーニングでは肉体改造として分かりやすく結果がでやすく、重量的目標〜各重量の回数の達成目標まで種目も多いので幅ひろく目標ができやすいのです。

また,肉体改装的な目標で言えば「腕周り何センチが目標なのか?」「減量/増量まで体重的な目標」まで様々な目標が自然とできていきます。小さな目標含めて言えば多すぎて悩む程です。笑

それがまた楽しすぎたりします。笑

テレビゲームでもそうと言えますが「いつか終わりのあるゲーム」は”飽き”が来ますが肉体改造はいつまでも飽きない人生ゲームなのです。

身体が変わる

k-ta02

筋トレによる肉体改造の楽しみに「身体が大きく変わる」というところにもあります。継続すればする程、ボディデザインとして深みを増していき「自分の中で自分として一番の身体」をいつまでも目指せるのです。身体が変わっている頃には習慣が変わっています。習慣が変わる頃には人生が変わっています。

それが「分かる」から筋トレって凄く楽しいのですね。

自信のキャパが広がる

筋トレによる肉体改造で様々な目標を達成していくと共に自信がついて「自分の中にある自信の容量(キャパ)」が広がっていくのです。自信がつけば自分そのものも変わっていきます。

また、筋トレがもたらす結果からつく自信もそうなのですが「継続がもたらす効果、威力、継続の大切さ」が「自分の価値観」として心に大きく残るので他の物事に対してもアクティブにチャレンジできる場面も多くなります。


スポンサーリンク



行動的になる

k-ta04

筋トレによる肉体改造で自信がつくと行動的、アクティブな自分になれます。ここで言う「アクティブ」とは「前向きな気持ち」であったり「行動的」なものを言います。自信がついてアクティブになれば積極的に自分を信じる事ができたり、人と接することが楽しくなったりします。

筋トレで結果を出す程,アクティブな自分になれる程,人と接する切っ掛けも多くなるのです。だから筋トレって余計に楽しいのですね。

評価される

k-ta05

先程にも言いましたが行動的な自分になると人と接する場面にも積極的に参加することが出来ます。

その分「人から評価される事」が実に多くなってくるものです。「評価に厳しい日本」なので人から評価されはじめると「やり甲斐」も余計に感じてきます。この「やり甲斐」の多くは「人に認めてもらうこと」で爆発的に高まるもの。「人に認めてもらうこと」というのは「評価される事」と言えますがそれが必ず「良い風に評価される事」だけではありません。「人と共有できていること」自体が、「その人そのもの」の評価になり得るのです。

つまり「評価される=人と接する環境下に自ら参加している事実」が大切であり、それは「行動的な自分」「アクティブな自分」でないと実現できないものなのです。

また「良く評価される事の条件」に必ず「肉体改造的に良い結果を出さなければならない」ことはなく、「頑張っている人」として評価を貰える場面も数多いです。なので筋トレって余計に楽しいのかもしれませんね。

ご縁が広がる切っ掛けになる

k-ta06

「ご縁を広げる」という事程、自分の可能性が広がる事はありません。ご縁というのは「物語そのもの」です。ご縁を繋げばそのご縁独自の物語があなたを待っているのです。人生に何の変化も無ければそれはご縁が無い傾向と言えるのかもしれません。しかし、筋トレにより行動的な自分が見え始めると人と接する場面も多くなり、ご縁が繋がる切っ掛けも自然と多くなります。

そしてご縁がある程、自分の目標、夢、それらの濃度も飛躍的に広がるのです。筋トレを継続しているとワクワクすることが多いですよ。

影響の柱となる

k-ta07

筋トレは自分自身が「頑張っている人」もしくは「結果を出している人」として多くの人の”影響の柱”となることができます。いえ、「なることができる」ではなく「いつのまにかなっていること」も多いものです。「頑張っている人」として影響できれば筋トレでなくとも「俺も頑張らなければ!」と活力に巻き込む事ができますし、「俺も筋トレ頑張りたい!」といつのまにか友人を巻き込んでいることもあります。笑

影響というのは活力の中で起きる現象のようなものです。頑張っている人の元に頑張っている人が集まるのですね。

筋トレが楽しすぎる理由達

k-ta08

筋トレが楽しすぎる理由達、いかがだったでしょうか。ただ単に「筋トレ面白いよ!」という事でなく、その奥にあるものはありとあらゆる可能性を感じさせてくれます。

今日、頑張って頑張ってそれが楽しければいいんですよ。筋トレで重量の結果が悪い日もあります。それでもやっぱり筋トレって楽しいんです。だって上記で言った”筋トレが楽しすぎる理由達”もそうですが何より「自分はこんなにも筋トレが好きでいれて筋トレができている」のですから。好きな事できてりゃすげェ有り難い。楽しめて良い結果出すために試行錯誤して指一本の握り方まで追求して、良い日もありゃ、悪い日すらも愛おしいものです。

筋トレは継続の先生です。続ければ続ける程「やっててよかった」という一息は多いです。マジで。

それでは今回はここまで。本日も良き1日を。



ken22冒険日誌(まとめ)

他人と比べる必要なんてない。自分の中で自分としての一番を目指せばいいのだ。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る