記事の詳細

今回は「飲み会の予定が入っている時って筋トレどうしてる?」という質問を頂いたので筆者の飲み会の予定がある時の習慣や心構えなどを書いていく。

スポンサーリンク

1日始めの方にトレーニングを必ず終わらせる

nomikai01

「1日の初めの方にトレーニングを必ず終わらせる」

この事に関しては「飲み会の予定」が入っていなくても言える事であり、朝や昼にトレーニングを終わらせておく事で、状況が有利展開になりやすいスケジュール構成にできる。

何より朝や昼などの1日の前半にトレーニングを終わらせておけば、夜に予定が入らずとも後半でダブルスプリットトレーニングを視野に入れる事もできるわけだ。(ダブルスプリットトレーニングとは1日に2回トレーニングする事)

また、我々にとって大事な継続「筋トレ」は後半に実施する程「日頃想定できない仕事の負荷」や「何かしらの集中力の分散」なども想定しなければならなくなる。そう考えた場合、朝や昼のうちに筋トレを終わらせておくのが賢い習慣と考える。

一般的には筋トレは栄養もきっちり摂り終え吸収できている頃である夕方がベストとも言えるが、習慣的なベストな流れづくりはやはり朝や昼が強いだろう。

これは経験上での余談だが、身体が凄いトレーニーと飲みに行き、「トレーニング今日終わってますか?」と聞くと「朝に終わっていますよ!」と当たり前にかえってくる。

1日の中盤までに栄養管理をなるべく終わらせておく

nomikai02

これに関しても先ほどと同じ考え方である。

矛盾した話にはなるが、夜に外食の予定が入る程、食事に関しては「筋トレをする前提」で「筋トレより優遇」してスケジュールを進めなければならない。

食事をすすめていくうえでの内容としては、なるべくクリーンな食事(鶏胸肉や魚、卵、野菜など)を1日の中盤までにはノルマ通りに摂り終えておきたいところだ。欲を言えば、飲み会の予定までにはお腹を空かせておきたい。

この予定の進め方のメリットは「飲み会」で好きなメニューを食べれるし、もしくは最悪控える事もできるというところにある。仮にもしも食事のノルマを飲み会までに終えていなければ、飲み会でたんぱく質を気にしなければならなくなってしまうのだ。それは勿体無い話だ!

飲み会が入ってる時の筋トレの習慣どうしてる?

nomikai03

筆者の場合、飲み会予定が前もって入っているのであれば「飲み会翌日は必ず筋トレオフにする事」を想定してその週の筋トレスケジュールを組んでいる。

この記事で言ってきたことや、翌日の筋トレをオフにすることによって飲み会でベストを出せるし、習慣に支障をきたさない。

また、筋トレのメニュー的には個人差があるので一概には言えないが「ボリュームとしてはいつも通りの筋トレ」を組む。気をつける点としては「飲み会があるからといって、気合い入れすぎていつも以上のボリュームにしない事」を意識している。なぜなら、襲いかかる疲労が想定できないからである。

筆者はこの方法/流れにより、自己管理を続けて満足の高いフォーマンスにできている。おすすめだ!

それでは今回はここまで。

本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る