記事の詳細

今回は「筋トレが楽しくなる方法」として「筋トレのハマり方」を筆者の体験と経験から書いていく。

まず、筋トレをはじめようとしている方をはじめに、日々習慣的にトレーニングしている方にも言える事だが「筋トレにハマる時期」というのは波があるものではないだろうか。

筋トレに興味を持ちはじめようとすることも、筋トレを習慣の中から楽しさを見出す事も人それぞれに「気分」があるので仕方のない話だ。

今回この記事で紹介する「筋トレのハマり方」はその気分の波を安定させる為の方法としても受け取って頂きたい。

スポンサーリンク

筋トレが楽しくなるたった1つの方法!「筋トレのハマり方」教えます

tanosi6

そもそも筋トレが楽しくなる方法として理由は人それぞれに数多くあげられるだろう。重量記録を更新していく大きな喜びをはじめに、回数記録を更新する小さな喜び、身体が変わっていく楽しさや日々の食事の深さを噛み締める喜び、あげるならば数えきれない程筋トレには”楽しさ”がある。

しかし、筋トレが楽しくなる方法というのは実は根本的には”たった1つしかない”という事に実に誰も気づいていなかったりする。

なぜなら上記理由は必ずしも万事共通ではなく、継続の延長線上に人それぞれが勝手に掴んでいくものだからだ。

そしてここで今からあげる「筋トレが楽しくなるたった1つの方法」を切っ掛けに人それぞれ熱量を持って「自分の筋トレ」を広げていき取り組んでいくのだ。

●筋トレが楽しくなる方法は一般的には数え切れない

・ ベンチプレスやスクワットなどの重量更新

・回数の最高記録を更新

・達成感を得ること

・身体が変わること

・身体が変わって評価してもらえること

・自分の未来が想像しやすくなる

・自分に興味を持てるようになり、ファッションなども楽しくなる

では、さっそくだが、筋トレが楽しくなるたった1つの方法を教えよう。

筋トレが楽しくなるたった1つの方法

それは、

「好きなれる筋トレを1つだけ見つける事」

既に継続ができているトレーニーは既に好きな筋トレをいっぱい知っているので、もしも筋トレがしんどいと感じる時期が来たとすれば、

「その日好きな筋トレを1つやってみる事」

そしてこの「好きなれる筋トレを1つだけ見つける事」を実践する為に重要な要素があるのでそれを是非、意識してみてほしい。

好きになれる筋トレを1つだけ見つける為に意識するべき事

tanosi2

それが「筋トレ場所の雰囲気づくり」だ。

筆者の場合を言えば筋トレデビューした頃、筋トレに完全にハマっていたわけではなかったが「腕立て伏せ」や「腹筋」などの自重トレーニングが人生で初めて筋トレ独立国家を築いた切っ掛けになったわけだ。この時点では「筋トレが好きである事」よりもまだ「筋トレしている自分が好き」という色の方が勝っていた。

この時「自宅の畳の部屋の筋トレスペース」頼りにモチベーションを保っていた記憶がまだ残っている。

しかし、この畳の部屋という雰囲気では「筋トレにハマる」までいかず、環境としてまだ甘かったと言える。思い出として考える分には「悪くない」とも言えるが、実際に好きな筋トレに出会えているかもしれないのに環境がモチベーションを助けているのか抑えているのか崩しているのか、なんとも言えない状況だ。

そんな事もあり、勢いで購入したベンチプレスが感性とマッチして「筋トレにハマった」に至る。

この時、ベンチプレスが「初めて自分が好きな筋トレ」になったわけだが、それを影で支えていたのは間違いなく「ベンチプレスと向き合えるガレージ」があったからだ。そう、動画投稿していたあのガレージがそうだ。

「好きな筋トレを1つ見つけること」「それを支える環境」それらに意識を傾ける事。

この条件下から筆者は「筋トレにハマる」切っ掛けになった。

そして「好きになれる筋トレを1つ見つける事」の重要性に気づきこの記事でそれを伝えたかったのだ。

●筋トレが好になる切っ掛けを持つ可能性を秘めた筋トレ種目は様々

・腕立て伏せ

・懸垂

・アブローラー

・ベンチプレス

・バーベルスクワット

・インクラインダンベルフライ

だからこそ、筋トレが面白くない!と思っても

tanosi5

例え筋トレをして「面白くない」と思ってもそれは「自分が筋トレ向いていないから」と考えてはいけない。「好きな筋トレにまだ出会えていない」「自分が筋トレするにあたって雰囲気良い場所に巡り会えていない」という可能性が大きいと考えてほしい。

また、筋トレ経験者もある日「筋トレが面白くない」と感じたら縛る事なく好きな筋トレをすればいいし、環境を変えてしてみるのも良いだろう。外でウォーキングランジなんかも良いものだ。筋トレだけではなく雰囲気もマンネリ化する事は自分では気付きにくい。

そして、「好きな筋トレを1つ見つける事」から生まれる連鎖を利用する意識を常に持っていてほしい。

好きな筋トレを1つ見つける事=継続の切っ掛け

無事に好きな筋トレを1つ見つける事ができたという事は「筋トレをする為の雰囲気が良い場所」にも巡り合う事ができているのかもしれない。これに関しては自宅で筋トレしてもスポーツジムに通っても同じ事が言えて、雰囲気に癒されなければモチベーションは沸かなかったりする

そして無事に好きな筋トレを見つける事ができたとすれば、そこで安心してはいけない。

その好きな筋トレを切っ掛けに継続の喜びを少しずつ掴んでステップアップしていこう。

●継続の掴み方

好きな筋トレの継続15分くらい ⇒ 食事を意識してみる ⇒ 筋トレ内容を増やしてみる ⇒ 早起きしてやってみる ⇒ 筋トレについて調べてみる ⇒  食事内容を改善してみる

はじめは些細な事で切っ掛けを掴み、少しずつステップアップしていく。

なんでもそうと言えるが、特に「筋トレ」は地味に見えて継続していくと見えてくるものや広がっていく思考から、自分のポテンシャルを最大まで引き出してくれる最高の時間の使い方と言える。

それでは今回はここまで。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る