記事の詳細

こんにちわ。毎度の事「腕相撲」で肘を痛めるとわかっていながら挑戦してしまうマンこと、SR@管理人です。笑

本当、毎回痛める度に冒険記サイトに書いてるんですが「流石に同じ理由で痛めすぎでしょう!」って感じです。笑

まあ、ロマンがそうさせる時ってあります実際。

それでは本日も気づきをまとめていきます。

関連記事
→ (肘を痛めた時に得た気づき【対処法】)
→ (ベンチプレスで肩を痛めて3週間で治した方法メモ)


スポンサーリンク



今回の腕相撲物語

●肘を痛めやすいなら週1回1戦まで

今回は腕相撲で痛めないよう「週1回だけの両腕1戦まで」というルールを自分の中で決めて実施。しかも均等にするために戦うのであれば利き腕じゃない方も実施します。案の定1日1戦(週1回の約束付き)までなら、肘に問題が起きる事もなく、勝利すら収める事ができました。そしてここで勝利してしまった事と、その2日後に新たな挑戦者が偶然にも現れてしまった事が重なり、自分ルールを破ってしまう切っ掛けに。笑

前々日に勝利を収めている僕は当然舞い上がっているので「一週間たってないけど一日一戦までなら…!」挑んでしまったのでした。そして運が悪い事にも相手はかなり強く、県の大会で優勝した経験すらある人で当然あっさり負けるハメになってしまいました。

同時に、肘を綺麗に両肘痛めてしまうといういつものパターン。笑

その日から肘をかばっていたせいか、右肩も痛めてしまうというダブルパンチ。汗

腕相撲にてまた肘をやってしまった!〜リハビリメニュー〜

●肩の痛さの度合い

最近の僕のルーティンとしてエブリデイベンチ実践中でしたが、肩を一定以上あげたら痛いくらいだったのでベンチの本番は当然OFFと割り切りました。

●対策

血液は栄養を運んでくれるので、完全なOFFでは治りは遅くなるのではと判断。何より完全にOFFにするとトレーニング熱が逃げるのでその二次災害もリハビリ・トレーニングにて回避。今回のリハビリはベンチプレスの重量を40Kg~50Kgに変えて軽くパンプするまで動作させます。それを4SET〜5SET。何日か繰り返していると肩の痛みは消えました。その間もしっかり栄養補給、睡眠を意識しました。

●肘の痛さの度合い

毎度おなじみの肘の故障。痛さの度合いは車のハンドルをまわすと既に痛い。笑

●対策

こちらは肩完治後に日常生活により肘の痛みが悪化してしまったのでリハビリトレも遅れました。現在実施しているリハビリトレはハンマーカールを3Kg10回→4Kg10回→5Kg10回と10回クリアで休憩無しで1Kgずつ増やしていき、10回到達できない時点で1SET(1週)終了。そしてまた3Kgから初めての繰り返しを3SET~4SET。本日もこのリハビリトレを実施して、痛さは随分マシです。


さて、僕の場合のリハビリトレメニューは以上です。いつも痛めると同じようなリハビリメニューにシフトします。種目は超軽めでパンプ狙いであれば何でもいいかと思います。第一の意識としては「栄養をたくさん摂ったうえで血液を流して故障箇所に栄養をおくる事」。第二にトレーニングに触れて熱を逃してはいけないという事であります。

勿論これらの方法は人によっては向き不向きがありますのでご理解くださいませ。それでは今回はここまで。本日も良き一日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る