記事の詳細

スポンサーリンク


僕の場合,絶対的ワークアウトメニューというのは最近では無く,気分で決めることが多いです。おおよそ自分の中で決められているメニューは「1週間のトレーニングメニュー」に記載していますが,基本的にどの部位をどういう順番で行うか?というのは筋肉痛などと相談して決めているため,メニューが変わることも強弱がつくことも多いです。

それはなぜなのか?を考えてみると,” 自分がトレーニングを楽しむため,余裕を持つため “に自然と行き着いたもので,「自分ってこうやってトレーニングを楽しんでいるのだな~」と思いました。そんな時,トレーニング雑誌ボディビルディング7月号を読んでいると,” 直感的にトレーニングを楽しんでいる選手 “がピックアップされていました。

参考: ボディビルディング 2014年 07月号

直感的に筋トレをして自分に縛られない

肉体改造をするうえで,プロのボディビルダーになるわけでもないのであれば,わざわざ自分を自分で縛る必要なんて無いと言える。

まずは,” 自分が1番楽しめるトレーニングリズム “というのを考えるのが良い。なぜなら,それが結果として追われる継続ではなく,余裕を持った継続に繋がるからだ。多くの人は完璧症のようなものを抱え込んでいるため,自ら強固な自分ルールを作って筋トレを挫折してしまう傾向にある。

完璧症の自分に縛られないため,まずは余裕を持てる筋トレを考えていくことも重要である。

c-k2

小松選手の見習うべき余裕

本書を見ていると,直感的に思うがままに筋トレを楽しんでいるのが読んでても分かるような選手に注目が当てられていた。13年ジャパンオープン優勝者” 小松慎吾 “選手である。小松選手は縛られることなく自由に,自分が思うがままにトレーニングをし,過酷なボディビルの大会で優勝に見合う体をつくりあげ,優勝をとげている選手だ。

小松はトレーニングルーティンを持たない。その日になって,「今日はこの部位をトレーニングしよう」と決めているそうだ。また,ある程度のトレーニング種目は決めているが,絶対にこの種目をこの順番で行う,というものも持っていない。いわゆる直感的に今日はこの部位をトレーニングしよう。そしてこの種目を行おう,と決めているのだ。

P7: トレーニングは気の向くまま

★POINT
読んでいても「トレーニングを楽しんでいそう!」と伝わってきたのはトレーニング雑誌を読んでいて初めてだ。小松選手の持つ余裕は,体づくりの可能性を大きく証明してくれている。

完璧症を捨てて余裕を持つ!

トレーニングを楽しみたいのに楽しめないのは,ほとんどが完璧症の自分が用意した厳しいプランに耐えきれないから楽しめないのである。これはトレーニング以外にも言えることだが,何かを楽しめない理由というのは自ら用意した完璧症にも似た考え方がそうさせている場合が多い。何事も余裕を持てるよう,完璧症を壊していくことが大事だ。

そしてそれが結果として自分にとっての完璧となってゆくのである。

その理由を尋ねると「あまりルーティンとかやる種目とかを前もって決めてしまうと,何かトレーニングが楽しくなくなるじゃないですか」と答える。やはり都会のビルダーには見られないおおらかさが彼にはある。さらに言うならば,彼はトレーニングを休まない。トレーニングを休む日は大会の時か,どうしても疲れているときだそうだが,現在のところ疲れを感じることはないそうだ。

P:7 トレーニングは気の向くまま

★POINT
楽しいからこそトレーニングができる。トレーニングが楽しい!そんな” 丁度良い負荷 “というのを掴めればトレーニングライフにも応用が効きやすい。

” 自由度 “を高めてゆく

初歩的なことだが,トレーニングにおいて” 集中する “というのはトレーニングの質を高めるには重要なことだ。また,集中できるトレーニングというのは楽しいものである。

従って,集中力が切れると同時にトレーニングを終えるのも楽しいトレーニングを楽しいままに留めておくコツと言える。人によっては,ダブルスプリットなどを行い,1日2回に分けてトレーニングを行う方法もある。

小松は同じ部位をダブルスプリットで行うし,トリプルスプリットで行うそうだ。その理由は「あまりに長時間同じ部位をトレーニングしていると飽きちゃいますし,集中力も持ちませんから。僕はトレーニングを楽しく行いたいんで,そうしています」

p:8 トレーニングは気の向くまま

筋トレにおいて時間に縛られない,メニューに縛られない,そうすることで心に出来る余裕がまた” 更にトレーニングをしたい “という余裕を生む。何よりも小松選手から” 焦り “という文字が見えない。「やらなければいけない」「やりとげなければいけない」そんな使命感のようなものが余裕を無くす原因にもなり得るのだ。

こだわりを捨てる!

肉体改造において,サプリメントは食事から摂れない栄養素を摂るためには必須と言える。しかし,「あれを飲めば効果がある」「これを飲めば効果がある」そう言いながらもサプリメントを飲んでいる人の中には,結局は結果を出すためのサプリメントではなく,心のサプリメントになってしまっていることが多い。

時として” 細かいこと “というのを気にすることなくトレーニングに打ち込めば楽しめることも見えてくることは多い。

休憩中には,プロテインでタンパク質補給。「吸収の良いアミノ酸じゃないの?」と聞くと「プロテインの方が安いですから」だそうだ。

P9: 慎吾の胸トレ

本書を見ていると小松選手はサプリメントに対して細かいこだわりを持っていない様子だ。小松選手にとってサプリメントの吸収が良い悪いは重要ではなく,コスト面を考えて心の余裕をも上手くつくっている。

変化に向かい,変化を歓迎し,変化を楽しむ

筋力トレーニングを継続的に行っていると,徐々にトレーニングに対しての負荷に慣れ始め,同じ負荷ではプラトー(停滞期)に陥りやすくなる。これは初心者にも上級者にも立ちはだかる壁でもある。そこで,フォームなどに変化を与えることで新鮮な負荷を体におくることが出来る。また,トレーニング方法などに変化をつけることでプラトーを打破しやすくなる。

それを考えると小松選手は常に直感的に変化を求めている傾向にある。それが結果としてプラトー対策にもなっているのだと考える。

c-k3

セットの最後の方になると,おもむろに逆を向いてディップスを行いだした。聞いてみたところ「多少刺激が変わるもので」ということで,これといった理由はないみたいだ。

P:9 慎吾の胸トレ~ディップス~


すべてのセットに置いて,ディセンディングセットで追い込む。おっと,なんだかセットの途中でスミスマシンへと移り,さらに追い込んでいるぞ。その理由は,予想通り「多少刺激が違うもので」という短絡的なもの。

P:12 慎吾の胸トレ~インクラインバーベルプレス~

細かい変化をも自ら歓迎し,トレーニングを楽しんでいるからこそ,小松選手の筋肉は優勝レベルまでに発達していったのかもしれない。常に変化を求めるその姿勢には全力でありながらも” 余裕 “を感じさせられる。

参考: ボディビルディング 2014年 07月号



ken22冒険日誌(まとめ)

小松選手の” センスある適当 “を見習い,余裕を持ってトレーニングするのは” 筋トレを楽しむための秘訣 “と言えるのだと思う。僕自身,自分ルールで縛って自らそのルールに重荷を感じてしまっていたことがあった。そんな時” 適当 “を全力で行うということの重要さ,楽しさに気付くことが出来た。

ここで言う” 適当 “は,小松選手風に言えば気の向くままに自由に自分なりに行動へ応用を効かせていく,同時に余裕をも作っていくということである。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,
ページ上部へ戻る