記事の詳細

今回の記事では「サムレスグリップ」と「サムアラウンドグリップ」について解説していく。

まず、「サムレスグリップ」や「サムアラウンドグリップ」はバーベルシャフトやダンベルシャフトを握る時の「握り方」を言う。筋トレ種目によってそれぞれをシーンによって使い分ける事で目的に沿ったトレーニングができるようになるのだ。

それでは「サムレスグリップ」と「サムアラウンドグリップ」の特徴をあげていこう。

スポンサーリンク

サムレスグリップとは

gripa

【thumb: 親指/less: 少ない,減らす】

サムレスグリップとはバーを握る時に親指を外して猫の手のようにして握る握り方を言う。基本的にサムアラウンドグリップよりも、サムレスグリップは可動域を親指に邪魔されることのない握り方。

サムレスグリップをする目的としての多くは握力を極力使わずに対象筋の力を発揮させる為の握り方だと考える。サムレスグリップはベンチプレスを初めにチンニングやダンベル種目、バーを握る種目であれば何の種目にも様々なシーンに適応することが出来るが、人それぞれの推奨があってもその人にとって正解にはならない為試行錯誤が必須とされる。

サムレスグリップ – 握る目的と試行錯誤

先ほどにも言ったがサムレスグリップは握力を消費しにくい為、対象筋を追い込めやすいとされるが人それぞれの推奨があってもその人にとって正解にはならない。そして正解と思っていても推奨は参考にするべきと言える。その例を紹介したい。

例えば、チンニング種目やラットプルダウン種目ではサムレスグリップを行われることは多い。だが、ボディビルディング 2014年 04月号によるとラットプルダウンを行う場合はサムアラウンドグリップを推奨されたトレーニングメゾットが記載されていた。

完全なサムレスグリップはバーを引き込む際に上腕骨を内旋させにくく,指からの信号送信にも影響を及ぼしていますので私はおすすめしません。

P39~40: 動作に入る前に

慣れている握り方の方がターゲット部位に効かせやすい場合もあるので種目によって握り方の” 絶対 “は存在しないが推奨されているものは試行錯誤することで” なるほど “と言えることが多く、握り方1つで目的によって” 意識のしやすさ “が変わってくる。フォームの試行錯誤も必須だが握り方の試行錯誤も必須と言えるだろう。

それでは続いてサムアラウンドグリップについて解説していこう。

サムアラウンドグリップとは

gripb

サムアアラウンドグリップとはバーを握る際に親指を含めた全ての指で握る(形状としてはジャンケンのグーのようなイメージ)一般的な握り方を言う。つまり至って普通の握り方である。

サムアラウンドグリップはサムレスグリップよりも” 握る力 “に特化するので握力が大きく関わると同時に、握力を入れる指によって筋肉へ刺激を伝達する効果をあげる事ができる。

また、サムアラウンドグリップは種目を行う際、ホールド力から落下などの危険性が少なく安全性が高い。種目を行う際には軌道がブレにくく安定しやすいのが特徴的だ。

サムアラウンドグリップ – 握り方で筋肉へ伝わる効力が変わる

gripc

サムアラウンドグリップは握る際に指の握力の込め方によって筋肉へ伝える効果もかわる。

例えば、フロントレイズで三角筋前部を狙いたい場合、親指、人差し指を中心に握り込みフロントレイズを動作させる事で三角筋前部の意識がしやすく効かせやすい。(薬指と小指は握るが” 添える “くらいのイメージが良い。)

また、リアレイズで三角筋後部を狙いたい場合には、薬指、小指でダンベルシャフトをサムアラウンドグリップで握り、リアレイズを動作させることで三角筋後部の意識がしやすく効かせやすい。

サイドレイズの場合、人によって多少異なるが、筆者の場合は親指、人差し指、中指を握ることで三角筋中部の意識がしやすくなる。

それぞれ種目にあった握り方を見つけて、試行錯誤をしていこう。

それでは今回はここまで。

本日も良き1日を!

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る