記事の詳細

今回は前回の「筋トレしても見た目だけでスポーツには使えない筋肉なんでしょ?」の派生から「鍛えている人と腕相撲やった時に弱かった理由を考察」していきたいと思います。さて、ひとまずここでは「アームレスリング勢」の話題は置いておき,野良で腕相撲をした時の話を想定してお話ししていきます。それでは書いていきましょう!


スポンサーリンク



たまたま弱くなる条件が重なってしまっていた

udezumou02

筋トレを頑張っている人は重たい重量を持って普通の人よりもハードなトレーニングをしている人が多いです。そのため腕相撲に関与する肘関節や肩関節にかけて神経疲労や筋疲労が既に/あらかじめ溜まった状態になっている可能性が考えられます。そこへ更に「急に挑んで来た相手が自分よりも体重が重い人」だとすれば例え鍛えているとは一口に言ってもかなり不利になるのだと考えることができます。

また、腕相撲は前腕筋であったり手首(リスト)の強さが大きく関わっています。鍛えている人は主に大きい筋肉から順番に鍛えている傾向にあるので,「前腕筋/リストの強さ」という所まで丁寧に鍛えている人が比較的あまりいない傾向にあります。そのため,やはり前腕やリストの強さが元から強い条件を持った人が腕相撲で有利に働きやすいのです。前腕は職の環境下によっては育ちやすい筋肉であるため,その部位さえ強ければ「鍛えている人に勝つ事」は難しくはありません。

ほとんどの場合筋トレではなく経験が活きる

udezumou03

腕相撲が強い人というのは経験上、ハンマーを普段から使っている土方の人,手首の返しの場数が多い柔道をしていた人,鉄道関係で前腕を毎日使っていた人が腕相撲が極端に強い印象がありました。腕相撲は「鍛えている人が強い」のが絶対ではなく,職や習い事などの経験が活きてる人が自然と強い事が多いです。

また「鍛えている人」であっても前腕もしっかりトレーニングをして「腕相撲の実践」を定期的にやっている人は当然強いです。多くの場合人は「何を目的で鍛えているのか?」というのが大事で,人それぞれがしっかりそのジャンルに特化した体づくりをしているのですね。

強い人と戦う時は一戦までに控えること

udezumou01

「強い」と思われる人と腕相撲する時はトレーニーであればなるべく戦いは少なくかつ,あるいは「無し」にとどめておくべきだと考えます。例えば「腕相撲の強い人の一戦」を「前腕の特殊な方向に負荷をかけるトレーニング”限界1レップ”」と仮定するとわかりやすいです。

大きな筋肉を追い込む時でも限界1レップを続けてストレートで何度もすると関節がきつくなってきますよね。それが小さな筋肉に的を向けられるうえに重たい重量1レップ(おさえつけ有り)を加えられると怪我する確率は自ずと高くなってしまうのですね。しかも多くの場合「ストレッチ無し」でやるわけですから。汗

ボディデザインが目的であれば腕相撲は怪我する確率が高くメリットが一切ない遊びです。逆に腕相撲を念のため強くなりたいのであれば,その負荷をトレーニングと同じように上手く調整して実践していくと良さそうですね。それでは今回はここまでです。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る