記事の詳細

今回の記事では伝説のボディビルダーマッスル北村さんが発祥と言われている筋肉料理「鶏肉のミキサージュース」を一般向けに再現していく。マッスル北村さんは「鮮度が高い鶏の冷凍ささみ」でやっていたようだが、素人がやるには心配と言えるだろう。そこで、今回筆者が開発したのは実用性が高い「ボイルした鶏胸肉を材料にしたもの」だ。

スポンサーリンク

なぜ鶏胸肉をわざわざミキサーにするのか?

torimune-1

その答えは簡単だ。

「圧倒的に胃に入れるのが楽だから。栄養摂取の効率が良いから」である。

これは経験上からも言える事だが身体作りにおいて食事の回数を重ねなければならないシーンでは小食体質だと中々苦労してしまう。

そこで、固形食のみでたんぱく質のノルマを達成できなかった筆者が、固形食と流動食の間「鶏胸肉ミキサージュース」を開発したわけだ。

普通に考えた場合、鶏胸肉をミキサーにかけるなんて「ありえない」と言えるだろう。常人の思想ではない。

そして、「ありえない」からこそ何度も「超絶まずい」想いをして、やっとで「人が飲めるもの」に仕上げた。なぜここまでしたのか?を言えば、少なからずも食事管理に革命を起こせるのではないかと感じたからだ。

そこで今回「普通の鶏胸肉ミキサージュース」と記事の最後に「改良版少しでも美味しい鶏胸肉ミキサージュース」を紹介していく。

まず、最初に「鶏胸肉ミキサージュース」をつくる利点としては以下。

・固形食と流動食の間なので食事を飲む感覚(消化にエネルギーを使える)

・食事の時間が短縮される

・そこそこ消化も早いので回数を重ねる事が出来、たんぱく質のノルマを達成しやすい

・習慣に取り入れやすい

体感としては鶏胸肉のミキサージュースを摂っている時はハイボリュームトレーニングとの相性も良く、代謝が高く感じられた。

さて、鶏胸肉ミキサーの作り方に入る前に、まずはミキサーに入れる予定である「美味しい鶏胸肉ボイルの作り方」から紹介しよう!

美味しい鶏胸肉ボイルの作り方!

この作り方をすることでパサパサの固い鶏胸肉になりにくく、水分を含んだ美味しい鶏胸肉となるので超絶おすすめだ。

●美味しい鶏胸肉ボイルの作り方

・お湯を沸騰するまで沸かす

・沸かしている間に鶏胸肉の皮をはずしておく

・沸騰済みのお湯に鶏胸肉を入れる

・鶏胸肉を入れた影響で沸騰が収まるので再び沸騰するのを待つ

・沸騰したら火をとめる → 蓋をする。蓋がない場合アルミホイルで完全に蓋をする。

・45分前後放置で完成。(放置の間は余熱で火が通る)

上記おいしい鶏胸肉のボイルができたら、そのまま食べるもよし、ミキサーにするのもよし!

それでは、ここからはいよいよ鶏胸肉ミキサーの作り方解説に入る。

鶏胸肉ミキサージュースの作り方!動画解説付き

動画にもあるように、鶏胸肉を予熱でボイルするやり方でやると「いざ、食べたくなった時」でも美味しく頂ける。鶏胸肉ボイルの世話/火の管理をすることなく、やりたい作業に移れるので片手間で出来て超楽である。

では今一度画像で解説していこう。

はじめに、美味しくボイルした鶏胸肉をちぎる切るなどして細かくしてジュースミキサーにつっこむ。

次に水を入れる。

こんな感じ。(水の量は鶏胸肉ボイルがはみ出すくらいの比率)

torimune-s1

動画の説明でもあるように鶏胸肉ミキサージュースを少しでも美味しくするコツとしてポイントが、

「氷を入れること」にある。

torimune-s2

そしてミキサーをONにすれば完成。

これだけでタンパク質がナチュラルに30g以上(胸肉の量による)摂取できるのですから最高だ。

torimune-s3

完成するとあとはゴクゴクと飲むだけだが、慣れなければ当然めちゃくちゃきつい。

できるだけ鼻で息をせずに飲むのがコツ。

プロテインの味で言えば、ソイプロテインやプレーン味のプロテインが無理な方は余計キツイと言えるだろう。

さて、ここまでの具材をまとめていこう。

・鶏胸肉ボイル適量

・水適量

・氷適量

・ミキサーにかける

ここで、

この鶏胸肉ミキサージュースと合わせて食べる事で美味しかったものを紹介。

*すき家の牛丼

*マクドナルドのハンバーガー←おすすめ

やはりもとが”食べ物”なだけあって食べ物と交互に食べ飲みすると凄く美味しく感じた。

■おすすめのジュースミキサー

フカイ工業 ジュースミキサー

USB充電式 LAHUKO ジューサー(現在愛用中)

そして次に「改良版少しでも美味しい鶏胸肉ミキサージュース」の作り方を紹介していこう。

改良版少しでも美味しい鶏胸ジュースの作り方!動画解説付き

これについては基本的には作り方は上記と同じで「あるもの」を1つ足すだけで、かなりエグみが抑えられて普通に飲めるようになる。

というのが動画でもあるようにこの食品!

オートミール!これがあるだけで世界が変わるうえに炭水化物が加わるので筋肥大効果アップも期待できる。

それでは改良版鶏胸肉ミキサージュース材料をまとめていこう。

・鶏胸肉(皮なし)130g前後

・オートミール70g

・氷少々、水適量

・ミキサーにかける

おおよそタンパク質40g前後摂取できるうえに、ノーマル鶏胸ミキサーよりも格段に飲みやすくなる。是

非チェックしてほしい!

それでは今回はここまで。本日も良き一日を!

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る