記事の詳細

まだ筆者がウエイトトレーニングはベンチプレスしか知らなかった頃、BIG3のフォームを習いに半年間スポーツジムに通っていた時期があった。そして今から2022年現在から2年前に再びスポーツジムに入会。

理由は仕事の環境上、「ホームジムだけでは筋トレの継続率が下がってしまう為」である。

ということで今回の記事では「スポーツジムに通って良かった点」をあげていきたい。

スポンサーリンク

スポーツジムに通ってマジで良かった!メリットその1「効率が良い」

s-gym01

スポーツジムに入会した主な理由の1番目に来るのがこの「生活と筋トレのサイクル効率が良くなる事」というメリット。

というのも、筋トレと生活との連携がとにかくとりやすい。「仕事の帰り道にそのままスポーツジムに寄れる事」や「仕事の昼休憩などにスっとスポーツジムに寄れる事」の強みがやはり超絶活かされた。また、これはうちの環境が悪かった事が問題なのだが筆者のホームジムの場合、暖房や冷房が無い為、夏場や冬場の筋トレモチベーションを保つ事に少し苦労した。だが、スポーツジムはいついっても適温で快適にトレーニングできる。

スポーツジムに通ってマジで良かった!メリットその2「快適なトレーニングライフ」

s-gym02

スポーツジムに通って良かったメリットを言えば「効率化」の次に浮かび上がるのは「快適さが強化される」である。

先ほどにも言った室内の温度が適温で快適であったり「蚊がいない事」も超絶快適と言える。そして何よりトレーニング器具が違うだけで「こうも違った快適なトレーニングライフがおくれるのか!」と驚かされたものである。

例えばホームジムで扱っていたダンベルはスクリュータイプだったので重量の変更に嫌気を刺す時さえあった。だが、スポーツジムの場合はすべて固定ダンベル。革命的な程スムーズに重量変更できるうえに、オンザニーなども膝に刺さらない。更にはドロップセットなどのトレーニングも快適にできるので、トレーニングのバリエーションも積極的に増やしていけるわけだ。極め付けには大きな鏡で意識の高いトレーニングライフがおくれるのでまるで楽園である。

とは言っても、ホームジムはホームジムで「いつどの時も自分一人の空間で常に独占できる事」が時として上記内容を覆す程のポテンシャルを秘めているのでホームジムが快適ではないわけでは決してない。

スポーツジムに通ってマジで良かった!メリットその3「同じ属性の人に囲まれる事」

「同じ属性の人に囲まれる事」というのはホームジムでは中々実現できないメリットと言える。

人によってはこのスポーツジムの環境からトレーニング仲間などをつくり、情報交換や、合同トレーニングなどをして高め合える事だろう。

何より「同じトレーニー同士頑張っている空間にいる」というだけで触発をもらえるのでモチベーションの鮮度は高く保たれる。


さて、いかがだっただろうか。筆者は現在は引っ越してまたホームジムオンリーとなっているが、また多忙期などが到来したら生活効率化できる場所のスポーツジムに入会しようと思う。

それでは今回はここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る