記事の詳細

筆者の体重事情を語れば2~3年前まではどれだけ頑張っても体重63Kg前後が壁だと感じていたし「この体重が自分にとって肥満体型である」と思っていた。「どれだけ食べてもそれ以上太らない」なんて思っていた時期があった。

しかし、その固定観念は2017年より大きくくつがえることになった。2017年より「なにがなんでも食べる」という人生初に近い日常を送り、ある日より急に開花される食欲を知ったのだった。

パスタと白ご飯食べた後に牛丼とか…。

スポンサーリンク

壁を感じたら触発を求める

食の壁を超えることができたは「KTMさん」に手引きして頂いたのが大きい。

食の太いKTMさんと一緒に行動できたお陰だと大きく感謝している。トレにしても食事にしても壁を感じているところからの触発は凄く大事なんだとしみじみ感じたわけだ。

感覚としては胃が拡張されて食欲の幅が増したのではないだろうかという感じ。食うのもトレーニングってこういうことかよ…やべェ。

そりゃぁ、もう、きつかった。笑

とは言っても、人によっては無理やり食べるとよくない人もいるので増量についてどれだけ情熱や工夫を注げるか?が勝負。となると、結局は触発される環境は大事になってきたりする。

そんなこんなで自分史上初の体重70Kg台に到達できたわけだ。

2017年増量期成果こんな感じ!

以下の写真達は体重は70Kg。

増量は2017年2月〜なので体重は2ヶ月間で約8Kgくらいの増加。

そう考えると個人的にはハイペース。頑張った〜!

まずは正面。

今回の増量期では肩を痛めてしまってあまり重さを扱うトレーニングができていない印象。それでも重量無しのトレーニングメニューでも追い込みは成り立つ事などの大切さを知る良い機会となった。

自分にとってかなり実りある時期となった。

20170408xx1

そして背中。

背中に関してはあまり力を入れていないが自分の中では比較的発達良好。いつのまにか色々重量記録更新もできた。体重相応に成長してくれている感じだ。

senaka

次に腕。

腕に関してはパンプ後41cmでノーパンプが39cm後半。

ude-40-d

最後に脚。

脚はトレーニングを週2回にしてから調子がいい感じ

20170407asi

ここからは追記となるが、

この2017年の増量記録を最後にしばらくの間は仕事の関係から筋トレできたりやらなかったりとなってしまった。読者の皆様申し訳ない。そしてお待たせ致しました。

2023年現在では身体を鍛える為の環境を自分でつくったので、再び始動していきたい。

また新たにスタートを切って行っているので記事で報告していく!

それでは今日はここまで。

本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る