記事の詳細

一般的に「筋肉がある人」「お金持ちの素質があるのではないか?」と言われたり逆に「お金持ちの人はジムで鍛えている!」など様々な話をよく耳にする。そんな今回は筋肉とお金持ちの関係を考察していきたい。

スポンサーリンク

筋肉があればお金持ちになれる!?

kanemo02

一般的には筋肉を育てるために食費やサプリメントなどでお金を使うため「筋肉をつけていく」にはお金も時間もかかるものである。なので、当然何もしない一般人よりも筋トレをしている人は時間や費用がかかる傾向にある場合が多いため「筋トレの為に時間に追われる人」や「筋トレの為にお金に追われる人」も同時に多いはずだ。

従って「お金持ち」と「筋肉」はそれぞれ必ず結びつくわけではなく「筋肉をつけていく過程」で培い得るもので結局は「人それぞれ」と言わざるをえないだろう。

しかし、「筋トレ」は自己管理力が問われたり、独学で行動して結果を出していく面を考えた場合、「成功者がとっている行動」の多くと結びつくので「お金持ちとの関係」を重ねて考えられる事が多いのかもしれない。

筋肉をつけるための習慣

kanemo01

筋肉をつけるためには「筋トレをする為の時間」だけならず「食事管理」をもしていかねばならない。これらをしっかり習慣化していく事で「筋肉」を得ていくわけだ。また、得た筋肉はしっかりと他人からも評価を貰いやすく、万人受けしやすい。なぜなら「筋肉を得る事の大変さ」を皆んな直感的にわかっているからこそ評価してくれるのだろう。

だからこそ、この筋肉をつける為の習慣は何もしていない一般人からすれば「価値の高い経験値」としていつのまにか身についている。

継続して得た結果はすぐには手に入らない。それは続けてる者にしかわからない事なのだ。

そしてこれは、お金持ちになる為のそれと重ねて考える事ができるのではないだろうか。

消費しているはずの時間とお金が投資となる

筋肉をつけていく事において時間もお金も使わなければならない。

しかし、筋トレをするうえで消費してきたはずの時間やお金は「筋肉」として結果に変わり自分に飾られる。筋肉を得れば、より効率的な筋トレができて更に筋肉を得る事ができるサイクルができる。

筋トレに使っている時間やお金の消費はいつのまにか「投資」として成り立っているのだ。

お金を稼ぐという事において「投資」という支出はごく自然であり、必然的。

こういった面でも「筋肉とお金持ち」の関係性と重ねて考える事が出来るだろう。


また、お金持ちの人は「健康である事」に時間を使うようになるので筋トレとよく結びつくのかもしれない。

お金持ちと筋肉の関係性、考えれば考えるほどに面白い。

それでは今回ここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る