記事の詳細

世の中の多くの人は「筋肉痛は好き」であったり「筋肉痛が嫌い」という意見様々である。そんな今回は筋肉痛が好きな理由と嫌いな理由を筆者の目線からあげていく。

スポンサーリンク

筋肉痛が好きな理由

k-t01

一般的な意見からすれば筋トレしている人の言う「筋肉痛が好き」であったり「筋肉痛が気持ちがいい」という表現が不思議に聞こえてくる事だろう。このままではこの言葉を発するトレーニーが”変人”となってしまうのでこの理由を筋トレをしている筆者が代表して説明しておこう。

さて、この理由はと言うと「筋肉痛がトレーニングが上手く出来たという判断材料なる」為に嬉しいというのが1つある。筋肉痛の痛みの強弱によって、それをモノサシに次のトレーニングに活かせたりもするのだ。

また、筋肉痛があれば「また強くなる」という心の高まりが痛みと共に自分に響くのだと考える事ができる。

言わば「筋肉痛」こそ「自身が頑張った結果」である為、トレーニーの筋肉痛には物語がしっかり詰まっている。従って「筋肉痛が好き」であったり「筋肉痛が気持ちがいい」という表現に至るのだろう。

筋肉痛が嫌いな理由

k-t02

筋トレをしている人の中でも「筋肉痛が嫌い」という方も当然存在する。

筆者はどちらかと言えば前者である為、この理由に関しては予測でしか書けないが、思い当たる節ならあるので恐らくは”それ”だろう。

それは「生活が不便になる」という認識の方が勝ってしまっている事ではないだろうか。また、筋肉痛が重たければ重たい程、眠気にも襲われるのでハードな仕事をしている人にとっては相性が悪いと言えるだろう。

だからこそ、筋肉痛がこない程度のトレーニング内容にして管理していく者も多いのだ。


「筋肉痛が好き」な者や「筋肉痛が嫌い」な者には人それぞれに物語がある。その物語は多くはその人の人生との相性を語っているのだろう。

それでは今回はここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る