記事の詳細

スポンサーリンク


今回、バーベルシャフトの縦握り/ハンマーグリップ専用器具”トライセプスバーを壮大な冒険を経て手に入れたので自慢(紹介)【ドヤァ】したいと思います。ほら、新しい装備手に入れた時って自慢したいじゃないですか!それです。さて,トライセプスバーは主に三頭筋を効率良く鍛えるための代表器具とされているのですがハンマーグリップ専用なものですから,そのままハンマーカールも凄くお手軽にできちゃうのです。

それでは,まずは壮大な冒険を経て手に入れたトライセプスバーを見ていきましょう。

IROTEC(アイロテック) レギュラートライセプスバー

アイロテック”トライセプスバー”【スペック】

トライセプスバーの形状としてはこんな感じです。このように縦握り/ハンマーグリップ専用器具になっております。カッコイイですよね!

triceps-12

triceps-15

カラーも2つ付属されています。

triceps-11

大きさとしては思った以上に“コンパクト”な印象を受けました。公式では長さ86cmと記載されていますが,実際測った所それよりも若干短いくらい(85cm前後)でした。

triceps-16

triceps-13

重さも公式では10Kgと記載されていましたが,体重計(笑)で測ったところ8.7Kg程でした。あくまで体重計の計測なので参考までに。

アイロテック”トライセプスバー”【使ってみて】

~種目にハマる!~

使ってみた感想としては,ハンマーカール,フロントレイズ,フレンチプレスの効率が格段に上がりました。また,僕の場合フロントレイズはダンベルやWバーシャフトで実施した際にターゲットである三角筋前部に強いパンプ感を得れなかったのですが,トライセプスバーでやってみると驚くほどパンプしてくれたのが嬉しかったです。何よりもハンマーカールにハマることハマること。使い始めとしては,こうしてトライセプスに関係ない種目ばかりしっくりきてるわけです。笑

~ダメな点~

ダメな点と言えば、付属カラーの効率の悪さです。先程にも話に出たこの付属カラー。40Kgでグラついて一度ハズれたんですよ。まあ、ガン!って置物にぶつかっちゃったのもありきなのですが,それしきでハズれてくれては少し気になっちゃうのが本音です。なので毎回強くレバーを占める必要があります。スクリュータイプではないので,安心感が薄いのですよね。

triceps-11

そういう時のために以前に壮大な冒険をh(ry

これを使用しているわけです。ほんと快適快適。

関連→(【WILD FIT】ワイルドフィットΦ28用スプリングカラーをレビュる!)

triceps-9

あと,使ってみて思ったのですが一回一回ベンチ台の上に置くとバーを握るのにストレスになるので,一回一回床に置くことで効率が上がります。床が心配になる場合トレーニングマットがあると良いかもしれないですね。

triceps-8

さてさて,トライセプスバーで行える種目例をパパっとまとめてみました!

トライセプスバーを使い倒そう!~種目例~

まずは,シンプルにスタンディング(立って)でも勿論のことですが,トライセプスバーがあるとプリーチャーのハンマーカールがやりやすいです。腕橈骨筋~上腕二頭筋に効果的。最高に効きます。
triceps-3

フレンチプレス。シーテッド(座って)行うとよりやりやすいです。ダンベルやバーベルと違って安定感を保ちやすく,フォームが保持されやすい感覚を得れました。三頭筋喜ぶこと間違いなし。
triceps-5

フロントレイズ。今まで僕はベンチプレスがあれば三角筋前部の種目いらないな!と思っていたのですが,トライセプスバーフロントレイズのお蔭様でこの種目にハマりそうです。三角筋前部に強いバーンを得れました。
triceps-2

パラレルグリップ(縦握り)のスカルクラッシャーも三頭筋に効くこと効くこと。主に三頭筋の内側に強いバーン感を得れました。額に下すと可動域を余してしまうので,頭上下しで三頭幸せ。
triceps-6

クローズグリップのパラレルプレス。主に三頭筋を初めに大胸筋中部の追い込みにも最適に感じます。
triceps-7

パラレルグリップのベントオーバーロー(ナロー)も背中の追い込みに出来そうです。背中の中でも特に大円筋にバーン感を得れました。
triceps-4

トライセプスバーほんと、いいですね。壮大な冒険を経て良かった~~ってなります。これでよりよりハンマーカールや三頭筋種目を愛せそうです。

腕の太さは三頭!ひたすら三頭!ですね。二頭筋や前腕も忘れずにという意味でハンマーカール。腕に至れり尽くせり。もう、最高じゃないの。

triceps-1

 よろずや
 ★Check!!


ken22冒険日誌(まとめ)

トライセプスバーはなんだかんだ無くてもいけるだろうと心の隅で思っていたが,あればまた1つトレーニングが面白くなる。2014年11月中旬現在,使用して間もないが既にトライセプスバー無しは寂しすぎるトレーニングライフになりつつある。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,
ページ上部へ戻る