記事の詳細

どうやら一般的には「筋トレで最速で結果を出すには…」と、夏に焦りだす人達が多いようだ。

筆者の経験上では筋トレで「最速の結果」を実現させるのは生優しいものではなく「結構大変」である。そのかわり実現できた頃にはついてくる結果以上に自身のマインドも超絶にバージョンアップしている事だろう。

従って「最速で結果を出したいけど忙しい」という人に対しては良いアドバイスにはならないと先に言っておこう。

最速=本気

自分の目の色を変える為のスイッチを押して、しがみつけ!この理論に。

スポンサーリンク

筋トレで最速で結果を出す方法その1「孤独を手に入れなさい」

saisoku01

「結果を出している人」や世の中の成功者は「孤独に強い」傾向にありながら、黙々とひとりで戦い練り直しては励んで結果を出している。そうして結果を出しているとやがては「孤独」は「孤高」に変わりゆく。

「才能は静かな場所で磨かれる」とはまさにこの事を言うのだろう。

A talent is formed in stillness,a character in the world’s torrent.

-Johann Wolfgang von Goethe

「才能」は静寂の中で「性格」は世間の荒波の中で磨かれる。

ゲーテ/ドイツ哲学者

引用元:001525.html

この考え方はこの「筋トレ」というジャンルでは超絶相性が良く「最速で結果を出す事」にも直結する思考である。

経験上筆者が1番結果を出していた時期は家にずっとずっと篭っていたし、過去1番凄いと言える身体ができた。更にこのサイト運営史上最高売上も達する事ができていた。

孤独になってみてわかった事は「人との関わり」が無い為「作業」という行動を踏むのに余計な考え、邪念といった類の邪魔が入らない。従って「絶対的な行動の安定率」誇る。

筆者が最速で結果を出した経験史上ではこの「孤独になる事」が1番頷ける、おすすめの手段である。

筋トレで最速で結果を出す方法その2「即座に環境を用意せよ!」

最速で結果を出したいのであれば「身近に環境を用意する事」で「行動効率性」を高める事が超重要。

「お金持ちの子供はお金持ち」と言われやすいように能力を手に入れる最速の手段は身近に環境をつくり固める事だ。

筆者のおすすめは上記おすすめの思考「孤独になりなさい」と併用しやすいホームジムがおすすめだ。

しかし、ホームジムは我が家との相性が要となるので、無理な場合は即座に「家から近い or 職場から近いスポーツジムに入会」するべきである。スポーツジムに入会するメリットは行動効率が上がる事は勿論の事、ホームジムよりも現場の空気や同じトレーニーからのモチベの触発が多い事、トレーナーに正しい知識を教えてもらえる事にある。

saisoku02

筋トレで最速で結果を出す方法その3「自分に投資する事」

これは超絶基本的な事ではあるが、筋トレで最速で結果を出すにはお金と時間を自分に使う必要がある。

しかし、ここでおすすめしたいのは筆者の経験上では「プロテインはできるだけ使わない事」をおすすめしたい。では、何で肉体改造に必須なたんぱく質を補うか?と言えば「鶏胸肉などの固形食」である。

固形食を食べて身体づくりをする事で流動食(飲んで補う)よりもエネルギーを使い、基礎代謝を高める事ができるし、何より経験上からでも言えるが「良い身体」ができる。

固形食から栄養を補う選択肢は必然的に自分に時間を使わなければならない。更に筋トレする時間も設けるのでより自分に時間を使う。だが、その分かえってくるメリットも大きいのだ。そして「自分に時間もお金もかける立派な投資」として成り立つ。

プロテインは固形食で身体をつくる習慣をつけたうえで「たんぱく質を入れたいが食欲がどうしてもでない時」などに使っていきたい。

たんぱくし質を補給する際には最初は以下の表を参考にし、食事回数を分けて目標たんぱく質量を摂る事。

hyou01aa

(あなたに必要なタンパク質と糖質の最適な量とは/ウイダープロテインのポータルサイト)

継続するうえでたんぱく質量は増やして試行錯誤していこう。筆者の場合は2倍以上は摂っている。

また、筋肉を大きくする場合は必ずたんぱく質と炭水化物を一緒に摂るのがおすすめだ!

筋トレで最速で結果を出す方法その4「部位分けトレーニングでハイボリュームが理想的」

部位分けトレーニングのメリットは例えば背中の日、胸の日、肩の日、脚の日、腕の日と分けてトレーニングする事により「筋肉痛を治しながら、あるいは筋肉を修復しながら筋トレできる」というところにある。

トレーニング量は徐々にボリュームを1週間ごとに増やしていきたいところだ。

一般的によく言われている理論では「筋トレはオフが大事」「2〜3日に1度の筋トレが効果的」など言われている事が多いが、筆者の考えでは「ハイボリュームも試してみて最終的にオフして伸びるのであればオフを取り入れる」という事が大事だと思う。

まず、この記事では「最速で結果を出したい事」をはじめに、経験上からでも言える事だが、やはりハイボリュームトレーニングは結果が実りやすいのだ。

自分なりにトレーニングがハイボリュームの領域になってきたと感じたら、食事や睡眠、ストレッチなどのケア面によりチカラを入れていこう。

この筋トレで最速で結果を出す方法その4「部位分けトレーニングでハイボリュームが理想的」ではこれまでの筋トレで最速で結果を出す方法その1〜その3の集大成をぶつけなければならない。

筋トレで最速で結果を出す方法その5「質の高い触発を貰いに行け!」

この「質の高い触発を貰いに行け!」では今までの筋トレで最速で結果を出す方法その1〜その4までの継続が成功し、「自分にとっての結果が最速で出てから」実行してほしい更なる高みへ行く為の方法である。

この方法に関しては今の時代Youtubeなどからでも有難い事に「質の高い触発」を受ける事ができるが理想的には「自分のお金でお金を払いセミナーやパーソナルトレーニングに行く事」だ。目的としてはモチベーションや知識のブーストである。これに関してはある程度実践してからでないと、吸収しずらいという理由もあり、やはり筋トレで最速で結果を出す方法その1〜その4までの継続ありきでの実践法と言えるだろう。


さて、世の中には「筋トレで最速で結果を出す方法」として謎のサプリメントを売られている事が多い。だが、その内容は実に薄く、サプリメントの効力も「案の定」と言わざるをえないだろう。

この記事では経験上からしか語らない「筋トレで最速で結果を出す方法」を記載した。

この記事の思考は実践するとなると人によっては実現性がかなり薄いだろう。だが、もしも実践できたなら超絶に強く、強すぎる最高の経験となる事は間違いない。

それでは今回はここまで。

本日も良き1日を。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る