記事の詳細

アップライトロウは三角筋の前部と中部に効果的なエクササイズだ。この種目は基本的にバーベルで行うのがベターだが、Wバーベルバーなどの短いシャフトでもお手軽に実践できる。

(参考) ウイダー・トレーニング・バイブル

スポンサーリンク

アップライトロウのポイント-解説-

●肘を外側に張り出すようにする
●肩の動きを意識してバーベルを引き上げる
●肘をなるべく高くあげることのできる重量にする

▼注意点
●背中を丸めない
●肩をすくめない
●体幹を直立させた姿勢を維持し、脊椎の自然なアーチを崩さない

肘よりも持ち手が高くなってしまうと、フロントレイズやリバースカールのような動きになってしまうので注意が必要。
ur-02xx

★POINT
ウエイトを重たくする場合「肩を意識できないような重量」になってしまっていないか注意する必要がある。基本的にストリクトなフォームで出来る重量を選択し、低重量でネガティブ重視に鍛えていこう。もしくは、肩にしっかり負荷をのせることのできるウエイトを見つけよう!


★画像解説(正面/側面)
ur-01

アップライトロウの効果

主な効果 三角筋
 補助効果  僧帽筋
up-003
 目標回数 10回~15回を目標に行ってみる

アップライトロウ効かせ方メモ

アップライトロウは肩種目の中でも特にネガティブ重視で鍛えやすい種目だ。トップポジションで三角筋の収縮を意識した停止を入れてみるのも取り入れやすい動作である。

また、パワーグリップを使用して重たい重量でも攻めていける種目なので、種目に慣れたら自分にとって重ための重量をメインにしてみるのも良いだろう。

(参考)⇒ ウイダー・トレーニング・バイブル

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

2014-12-03a11
筋トレ冒険記ブログ著者: SR
ホームトレーニングonly/生涯ナチュラル/当ブログでは日々トレーニングで得た気づき情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。


Youtube

youtube1

マイプロはホエイアイソレート愛用中!

ページ上部へ戻る