記事の詳細

当たり前な話にはなりますが結果を残していく為には「継続」を「習慣化」しなければいけません。

この継続というのがまた不思議なもので、流れを掴むと簡単に感じるのですが生活が噛み合わなければ継続は簡単に中断されるのです。

だからこそ今回の記事では「確実に継続率を高めていくには」を考えていきましょう。

継続が習慣できていた時期と不定期の時期を比べる -経験則

例えば僕自身筋トレの継続を習慣化できているうえで減量が成功していた当初は超当たり前のようにYoutubeを初めに、このサイトを更新できていました。

筋トレも週6回~7回を一日2時間。

前半1時間と後半1時間にわけて実施。筋トレ量が多い時だと一日合計4時間なんてざらです。食事も鶏肉をミキサーにかけて流し込む徹底ぶり。笑

しかし、生活が噛み合わないというだけで筋トレはできても週に2回前後。サイト更新活動途切れ途切れになってしまっています。

生活が噛み合わないこの「半端な継続」は徐々に質も下がり、思い入れもなくなり、結果がでているのに「結果がでていない」と錯覚し始め、ついには継続が完全に途絶える事となります。

以上のことから「継続して成功していた時期」と「継続できなかった時期」を見にしみて経験しているので、ここからは「結果を出す為に継続率を高めていく方法」を書いていきます。

継続の質をあげていく〜関わる意志〜

継続率を高める基礎としてまず第一に「習慣から離れる日をつくらない事」があげられます。

もう少し言えば「習慣化した物事に関わり続ける事への意識を常に持つ事」です。

例えば「筋トレの継続率を高めたい」とします。

筋トレを継続していくうえで「筋トレができない日」が来たとしても「筋トレに関わる事」はできるものです。

筋トレができない日は、

「今日は筋トレOFFなのでタンパク質をしっかり摂り炭水化物量を目標に合わせて調節しなければ」といった事であったり「そういえば筋トレ動画見ていないのでインフルエンサーから熱を貰おう!」といった事であったり、「継続したい物事に関わる事」はできるはずです。

筋トレが例え週1回になってしまっていたとしても毎日筋トレに関わってさえいればその週1の筋トレも質があがります。やがてモチベーションは保持され、週1回しかできなかった筋トレがなぜか自分の情熱効果で、いつのまにか更に筋トレの時間をつくれるようになっていたりします。

「継続したい物事に関わる、しがみつく事」これ超絶大事なんです。

自分の集中力を分析する

一日の終わり程、身体は休みに走ろうとします。また、その逆で朝が弱いと無気力、眠気でどうにもなりません。しかし、そこであきらめては駄目なので自身の集中力を引き出す努力は必要です。

以下の状態を分析をしていきます。

* 集中力を使っていない一日の始まりに継続事を実施する

* 一日の終わりに注ぐ為に寝起きから思考をあたためておく/実践姿勢づくりに専念する

* 継続事を「職」にしてしまう/関わる事の究極応用編

集中力を使っていない一日の始まりに継続事を実施する

集中力を使っていない朝に実践する場合、経験上では「朝食の内容次第」で集中力は随分変わります。

例えば朝に筋トレしたい場合、朝食⇒筋トレが理想的ではありますが、

僕の場合お腹を満たすとダレてしまう事がしばしばあります。笑

なので朝トレの場合は満腹感を得ないように炭水化物の白ごはんは避け、消化吸収に優しいバナナに補助でプロテインが王道です。僕の場合はグルタミンのみで朝トレしても良い感じでした。

「栄養足りてない状態で…」などを考えるよりも自身の継続の方が大事です。継続していけば結果が出ておのずと質もあがっていきます。

自身の集中力のパフォーマンスは朝食の内容でもかなり左右されるので実践&分析してみましょう。

一日の終わりに注ぐ場合は寝起きから思考をあたためておく/実践姿勢づくりに専念する

例えば筋トレの継続の習慣率をあげるために筋トレを一日の終わりにする場合、寝起きから筋トレの事ばかり考えていると余計な体力を使わずに一日を過ごす事ができます。

「帰宅してどのような筋トレメニューにするのか?」

「今日の筋トレの為に昼食や夕食はどんな栄養を摂るか?」

「休憩時間にモチベあげる為に動画を見よう!」

など一日を通して考えていると仕事終わりの飲み会の誘いも断る事もできる確率が高くなるものです。

僕の場合は一日の終わりに筋トレをする場合、仮眠を必ずとります。

おすすめは昼寝の場合は20分、筋トレ1時間前に時間ができる場合は10分です。

超絶スッキリしますよ!

継続事を「職」にしてしまう/関わる事の究極応用編

朝も夕方も夜もどれも集中力が保てないと分析できて、なおかつ時間もない。それでも「物事に対する継続にしがみつきたい場合」の究極奥義は「転職」です。

本来「好きな物事を副業にしてしまう」も手段のひとつではありますが、一日を通して自身の集中力を使い切ってしまう超忙しい人の場合は副業なんてスーパーハードな話。

なので継続率を高めるには環境を変えてしまうのが究極の手。

「時間が余る職業に転職」もしくは「好きな物事に関われる職に転職」です。

人生は一度きり。

やりたい物事があるならば今からしがみついていきましょう!

それでは今回はここまで。本日も良き一日を。

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る