記事の詳細

皆さんは「お金持ちになったらどうするのか?」と、自問自答した事がありますか?恐らく多くの人は「お金持ちになった時の自分」を妄想した事があると思います。「もしも1億あたったら、あれしてこれして…」なんてありがちな妄想ですよね。笑

そんな今回は筆者の経験から炙り出された「お金持ちになってどうすんの”お金を持つ”とは何か?」を書いていきたいと思います。

一般的にお金とは何なのか?

お金を「何か」に変換するのであれば次のような「価値」になると考える事ができます。

*信頼
*時間(命)
*固定価値

「お金」って人それぞれ持つイメージは異なりますよね。

お金は落としても気づかないくらい軽く、重いものです。

そんなお金は「絶対に必要なもの」とも言えますし「別にお金なんて無くても無欲であればこの国では生きていける」とも言えます。

ですが、「お金を持つ事」で余裕が生まれる事実はゆるぎませんよね。

お金持ちになれない仕組み

「人間の特性」としてありがちな習慣が「余裕を持つとなぜかお金を使いたくなる」という習慣。お金を持つと知らず知らずにコンビ二の買い物単価が高くなっちゃったりしますよね。余裕があるから発散したくなるのです。人は常に刺激を求めていますし、日常の変化を求めていますから仕方がありません。

この「あれば使う」というサイクルが「お金持ちになれない仕組み」をつくりだしてしまっているわけです。

皆気づいてるんです。

でも「まあ、いっか」で終わらせるのですね。

これも、またその人の運命とも言えますし、オカルト的に言えばこの世界が陰陽バランスよく保つ為の犠牲とも言えます。そんな「運命」に逆らっていくのも「自分次第」なんですよね。

お金持ちになってどうすんの?”お金を持つ事”とは?

筆者はお金持ちでも何でもありませんが、「お金持ちになる方法」を心得てはいるつもりです。以前からお話ししてきているので何度か読んで頂いているかもしれませんが、筆者のお金とは何なのか?をお話しするとすれば、

「お金=応援のエネルギー」

だと、筆者は考えております。

このサイトで言えば「筋トレ」でお話ししていきましょう。

例えば筋トレで「お金」を稼いだとします。そのお金は「その人がより筋トレで活躍してほしい」という「応援のエネルギー」であると考えます。

そう考えると、
その「応援のエネルギー」は何に使えばいいのか?

答えはでてますよね。

答えは、

筋トレを応援されているのだから、筋トレにお金という応援のエネルギーを使わなければいけないのです。

それが「応援に答える」という事になるからです。

すると更に円滑に筋トレ活動ができて、より応援される=よりお金が入るというサイクルがいつのまにかできています。

その応援されている道筋上であれば、その人が生活水準をあげる事も、家庭を持つ事も応援されるようになります。するとその人の家庭も裕福になり、一般的には「お金持ちである」という目線で評価されるわけです。

では、改めて自問自答してみましょう。

「お金持ちになってどうすんの?」

その答えに正しい答えなんてありません。

一人一人の人生によって違いますからね。

ですが、お金が傍から離れないようにする方法は今のところ、筆者は「応援される人になる事」以外を知りません。

そう考えた場合、

「お金を持ったら高級車に乗りたい」
「豪邸を建てたい」
「ブランドの高級腕時計を買いたい」

これらの「応援される過程も踏まず、いきなりぶっとんだ欲望を持つ人」が「人から応援される人物像ではない事」はわかります。そう、そんなの一般的な水準でもやっている「ただのお金の発散」なのですから。

それでは今回はここまで。本日も良き一日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る