記事の詳細

当たり前な話にはなりますが結果を残していく為には「継続を習慣化」しなければいけません。この継続というのがまた不思議なもので、流れを掴むと簡単に感じるのですが、多忙期であったり生活が噛み合わなければ「確実に継続率を高めていくには」を考えさせられる事になるのですね。

継続がうまくいっていた頃

僕自身筋トレを継続していっているうえで減量が成功していた当初は超当たり前のようにYoutubeを初めに、サイト更新できていましたし、筋トレを週6回~7回に一日2時間を前半1時間と後半1時間にわけて実施していました。実施量が多い時だと一日合計4時間はしていました。食事も鶏肉をミキサーにかけて流し込む徹底ぶりです。笑

しかし現在では筋トレはできても週3〜4回、更新活動も毎日を目指すものの途切れ途切れになってしまっています。こうなってくると「確実に継続率を高めていくには」を考えさせられるわけです。

さて、ここから綴る内容は本格的に継続を考える方に向けての記事になっています。継続はラフにゆるくした方が良い人もいますので「今の自分には満足いかない方」だけ読んでください。

結果を出す為に確実に継続率高めて行くには

先程も言ったように僕の場合、一度減量に成功しているので「どうすれば減量できるのか?」の択を一つ、感覚的に手に入れる事ができています。同時に「どうすれば継続できるのか?」も見えてくるものがあります。

●継続は「必ず毎日やる姿勢」を保つ事
継続は習慣化できるまでは「習慣から離れる日」を入れない方が良いです。従って「毎日やる」くらいの意気込みを持っていかねばなりません。「関わり続ける事への意識」が特に大事で、筋トレの場合、筋トレを週に4回するのであれば残り週3回はできた時間分だけ筋トレ動画でモチベーションを得たり、筋トレ雑誌を読んだり、筋トレ発信活動をする事。「関り続ける意識」これが「継続最大の秘訣」と言ってもいいくらいです。

よく「嫌々学びを重ねても身につかない」とは言いますが「今の自分に満足できていない」のであれば時として「継続が習慣化できるまでは」気分が乗らなくともやらなければいけません。その自分の意思は確実に「継続の質の底上げ」に繋がっていきます。

*継続の習慣から離れる日をつくらない事
*継続に関り続ける意識を保つ事
*気分が乗らなくても「やる」事

多くの人は一日の仕事、業務終わり、疲れきったその身体では「継続の習慣に関わる事」から離れようとします。酒にゲーム、映画にアニメに無意味にTwitterやInstagramを開いて世の中の情報俳諧、他人の思考の中に生きようとします。「考える事」を休もうとするわけです。仕方がありません。何事も意味の無い事なんてない話ですが、残念な話、そのままでは結果は中々生まれないでしょう。誰かの思考の中に生きている状態では継続を手に入れる事は難しいのです。

●一日の終わりは集中力、気力、余力が無い確立が高い
一日の終わり程、身体は休みに走ろうとします。しかし、ほとんどの人は継続の活動時間は一日の終わりにしかないわけです。この場合、どうすればいいのか?方法はいくつかあります。

*集中力を使っていない一日の始まりに継続事を実施する
*継続事を「職」にしてしまう
*一日の終わりに注ぐ為に思考をあたためておく、その意識をする、姿勢づくりに専念する

さて、僕の場合、「自分の動画の物語の先を知りたい」であったり、「自慢できる友人になりたい」であったり野心はたくさん抱えております。だからこそ、継続率を高めていきたいのでしょう。結果を出している人は本当に素晴らしいくらいに、毎日「自分の更新」に励んでいます。時としてそういう人達は皆「孤独だ」と稀に言っています。(ふと気づく感覚で)

そういう「超継続」は中々真似はできるものではありません。継続できない人達は皆、孤独を恐れていると言ってもいいのかもしれません。しかし、逆にこうも受け止める事ができます。「孤独ではない状態で継続を毎日できていれば、いざ孤独になろうと、ならまいと継続の質を安定的に保つ事ができる」と。

さて、引き続き戦って参りましょう。今回はここまで。本日も良き一日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る