記事の詳細

腹筋種目の中でも最も腹筋に高負荷を掛けることができる種目「ドラゴンフラッグ」。今回このドラゴンフラッグを片手で行うやり方を説明します。

片手ドラゴンフラッグは,確かに負荷が高まるうえに,人によっては通常のドラゴンフラッグよりも「効かせることができる」ことも可能なのかもしれません。しかし,ここで言う片手ドラゴンフラッグは「” パフォーマンス種目 “に近いだろう」という形で説明をしておきます。

それでは,片手ドラゴンフラッグをする意味とやり方を解説致します。

達成感と種目に対しての目標

通常のドラゴンフラッグはインパクトが強い種目なので” かっこいいからやってみたい! “と練習を始める方は多いと思います。また,ドラゴンフラッグは自重腹筋の中でも最も高負荷を腹筋に掛けることの出来る種目なので魅力的です。

関連記事⇒(ドラゴンフラッグの練習方法とコツ~ドラゴン討伐訓練~)

従って,ドラゴンフラッグが出来るようになることを目標に筋トレを始める方や,種目ができるようになることを目標により継続性を濃くできる切っ掛けを掴む方も多いです。片手ドラゴンフラッグはそんな” 目標になる種目 “の1つであり,「目標を達成したい」「技をマスターしたい」という筋トレを楽しむための根源になり得ます。

片手ドラゴンフラッグをすることで,またトレーニー駆け出しの人々に影響することを与えたり,筋トレの魅力や憧れを伝達するためという意味での” パフォーマンス “を誇るものだと僕は思います。

片手ドラゴンフラッグは実際に効果的なのか!?

片手ドラゴンフラッグはバランス感覚が鍛えられますが,腹直筋に効かせるには効率は悪くなると僕は感じました。(※慣れていないということもあって)また,片手ドラゴンフラッグは腹直筋だけではなく,多少外腹斜筋にも負荷が逃げる傾向にあるので,腹直筋全般的に関与することが可能ではあります。

しかし,バランスをとるが故に本来のドラゴンフラッグを普通にやっている方がまだ腹筋に効かせることには効率が良いでしょう。

katate4

片手ドラゴンフラッグは何より,片手でバランスをとらなければいけないので,関節の負担も大きくケガにも繋がりやすいのも事実です。

片手ドラゴンフラッグのやり方

片手ドラゴンフラッグを行うには,当然ながらまずは普通のドラゴンフラッグをマスターしなければいけません。普通のドラゴンフラッグを15回程できるようになれば片手ドラゴンフラッグが出来るようになる日も近いと思います。(あくまで僕の経験から)

●片手DFコツその1

まず掴んでいる方の手をベンチ台の横ではなく真上に掴むことで行いやすいです。しかし,これをする際,ベンチ台の耐久性には十分注意してください。

例えば,リーディングエッジ フラットベンチ台は丈夫で頑丈ですが,横からではなく真上からの耐久性に少し乏しいです。普段有りえない方向からの負荷なので仕方ありません。従って,片手ドラゴンフラッグをする際は僕の場合,真上からの耐久性にも優れているインクラインデクラインベンチ台台座部分を使用しています。

katate2

●片手DFコツその2

そしてベンチ台を掴まないもう片方の余している手は真上に上げて,「バンザイ」するような形にします。そうすることで,ドラゴンフラッグを開始してもバランスが取りやすく片手ドラゴンフラッグが行いやすいです。

katate3

様々なやり方でドラゴンフラッグ/動画

以下の動画の中で片手ドラゴンフラッグを行っている。(2:33)掴んでいる手,余している方の手に注目し,この形をマネれば案外すぐに出来る日がくるのかもしれない。

Youtube

余談だが,動画の初めにある” ドラゴンフラッグ・インクライン “は負荷が強すぎるため,人によっては関節部位を痛めてしまう恐れがある。また,人によっては通常のドラゴンフラッグ以上の負荷を得れる種目だとも感じた。



ken22冒険日誌(まとめ)

何の種目でも言えることだが,バランス的負荷を加える際はターゲットへ負荷を集中的に掛けることができているのか?を根本的なことを考える必要がある。(例えば足上げベンチプレスなど)人によっては,バランス的負荷を加えることでターゲットへの負荷も底上げされている場合もあるが,バランスに集中するあまり,ターゲットへの集中も疎かになっている場合もある。

自分にとって1番理に叶っているフォームというものを考えるのも重要だ。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る