記事の詳細

今の時代動画をわざわざ編集しなくてもYoutubeLiveでお手軽に発信/動画をつくれるようになりましたよね。そんなYoutubeLiveは基本的に「生放送配信」というところも強みの1つでYoutubeチャンネル登録数が1000人を超えるとできるようになります。始めはある程度の集客は必要ですが、Liveができるようになると面倒な編集作業が省かれるので非常に効率が良く強い武器の1つとなります。

しかし、わかってはいても僕みたいにビビリ症な人は中々YoutubeLiveに手が出せなかったりするものです。そんな今回は僕がYoutubeLive投稿を始めた理由や「Live配信として一つの動画」を出せるようになったカタチを「自分的成功」として収め、そのポイントをまとめていきたいと思います。

なぜ今までYoutubeLiveをしなかったのか?

僕は今現在有りがたい事にチャンネル登録数は9000人に到達している為YoutubeLiveはとっくにできるようになっていました。ですが、今までやらなかったのは以下の理由からです。

*YoutubeLiveを「自分が納得のいく作品」としてつくる自信が無かった
*イメージして一人で練習してもどうしたらいいかわからなかった(難しく考えすぎていた)
*単純に「生放送」という圧にびびっていた

編集動画投稿オンリーにやってきた自分としては怖いことだらけで、とにかく「挑戦するイメージ」が湧いてもやる勇気がでなかったのですね…。汗

なぜいきなりYoutubeLiveを始めたのか?

僕は何かと「切っ掛け」や「流れ」を大事としています。そして今回僕のチャンネルがYoutubeLiveをいきなり投稿し始めた切っ掛けとなったのが以下の理由。

*ビデオカメラが壊れた
*投稿頻度をあげたくても中々作業が追いつけないのでモチベの維持が難しい
*頂いたコメントに対して言葉ではなくどうにかして行動でかえしたいと日頃から考えていた

Youtube投稿でチャンネル登録数を獲得していくには「投稿頻度は命」と言ってもおおげさではありません。ですが僕が投稿するスパンは1ヶ月に1~2本程度のもの。多くても4本いけばいい方なんですね。

「このままでは駄目だ…つくりたいものをつくる時間を得る為、皆の言葉に応える為に投稿頻度を守らねばならない!」

と、悩んでいたところに「愛用カメラが壊れる」という崩壊的なイベントが訪れたわけです。

そして、その「切っ掛け」はモチベを失うどころか、逆に行動の火種となってついに動き始める事ができました。

(僕が考える「つくりたいもの(動画)」というのは今のPC環境や無料編集ソフトだけではとても作業モチベが維持できない為、今は「今できる事」を頑張るしかないのだと考えました。)

さて、そんなわけで今回YoutubeLive投稿を経験したうえで考察したYoutubeLiveのメリットデメリットをまとめていきます。

YoutubeLive投稿をするメリット・デメリット

自分が実際にyoutubeLiveを経験したうえで感じたYoutubeLiveのメリット・デメリットは以下の通り。

YoutubeLive投稿のデメリット
*生放送なのでミスをカバーしていく応用力がいる
*編集ができないので「遊びの時間/隙間時間」を消せないので、視聴者さんに暇させる可能性がある
*コメントが来なかったら盛り上がらないので一人で乗り切る為の企画がいる
(この点「常にやる事がある筋トレ」は有利ですが、インターバル時間をどう埋めるか?がポイントです。トレーニングや身体つきのパフォーマンスが良い程何もいりません。)

YoutubeLive投稿のメリット

*視聴者さんと距離が近くなる
*編集がいらない
*生放送後、動画として自動保存される
*効率的なので投稿頻度を高める事ができる
*投稿頻度が高まる事で集客に繋がりやすい
*コメントを頂ける事で仕事が増える切っ掛けになる
*生放送が鍛えられると普段の動画作成にも磨きがかかる

YoutubeLive投稿のデメリットは確かに「壁」と言えますが一度乗り越えるとメリットは凄く多いものですね。

もしもチャンネル登録1000人からYoutubeLiveをスタートさせるなら

YoutubeLiveはとにかくコメントで動画が盛りあがります。YoutubeLiveを始めようか悩んでいる人の多くは「コメントが来なかったらどうしよう」と悩んでいる方がほとんどだと思います。

そんな時、どうすればいいのか?僕がLive投稿する時に決めていたポイントを紹介します。

●基本「Live動画は作品として保存される」ので通常撮影していた通り一人で喋る事(コメントは期待しない)

「コメントを待つ事」なんてしてはいけません。「一つの作品」をつくる勢いで一人で挨拶して、一人で喋って、一人で決めたテーマ(作業)を黙々としなければいけません。

そこにたまたま頂いたコメントに対して応えていくイメージを持ちましょう。もしも結果的に全て独り言になったとしてもその動画は保存されて、あとから見て頂く訪問者さんにコメントを頂けるかもしれません。

●動画タイトルに沿ったテーマを進めておく

チャンネル登録が1000人ですとコメントが無いのは充分有りえるので、黙々とその回に決めたテーマを進めていく事を意識していきましょう。そう、チャンネル登録1000人集めた今まで投稿してきた動画のように。

●あらかじめ用意しておいた質問を出す、そしてその質問に自分が答える

YoutubeLiveにて「”コメントが来ないから”といって何も喋らない」のは仕上がった身体を披露しない限り致命的と言えます。

例えば筋トレでYoutubeLiveをする場合、インターバル中は訪問者さんは暇させてしまうわけです。(息切れは仕方が無い)
そこであらかじめ質問を用意しておき、それに対して自分で応えるように進めていくのがアンパイと言えます。筋トレLiveの場合、喋りすぎるのもパンプが冷めるという意味ではよくないので程よくいきましょう。笑

さて、「Youtube投稿頻度」を守れたら次は結果報告の記事をまたつくっていきますね。頻度としては最低週6まで持っていければ理想的です。

それでは今回はここまで。本日もよき一日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る