記事の詳細

スポンサーリンク


筋トレに限らず仕事に関しても何に関してもそうなのですが“ワクワクすること”というのは非常に大事な事です。しかしながら”ワクワク”といった感情は非常に難しいものでもあるので固定的な分野ではなく視野を広くもって「ワクワク」するのが良いのだと思います。

とはいってもまずは,自分が頑張っているカテゴリーに目標をたて,時として想像/創造するのも大事だと考えます。このサイトで言えばそれが筋トレ/肉体改造に当てはまるのです。

小さな目標と大きな目標をたてる

まずは自分がどのようになりたいのか?を決めるといいでしょう。ボディビルダーのようにデカく憧れるのか?フィジーク重視に美も混ぜるのか?それは個人の価値にしか分からないものです。

また,その中でも理想は誰のような体なのか?そのモデルを常に追うと良いでしょう。その描く個人の理想はきっと自分が直感的に感じた最もカッコイイ体です。

さて,上記で言った目標は僕の考え上小さな目標でもなく,大きな目標でもなく「中間的な目標」です。

まあ「憧れの人を目指すのを大きな目標と言っちゃいけねェぜ?小さい小さい」と自分を高めるのもワクワクする要因になりますが。笑

そこはあえて「中間的な目標」と置かせて貰います。

大きな目標とは

では,大きな目標とは何なのか?

それは“理想の体を手にして自分はどうしたいのか?”です。

目標が叶った次は?またその目標が叶った次は?その自問自答を繰り返すことにより“本当に頑張らなければいけない意味”が見えてきます。

人は意味合いを持つことで更に濃く進めるようになるのです。

僕の場合,頑張ったその記録をネットを通じて配信し,皆さんのモチベーションになればと,良い影響があればと思っています。その良い影響はきっと連鎖的に更に良い影響がある気がします。

それは自分の成果が大きければ大きい程モチベーションが上がってゆきますしね。

“何か手にして貢献的な事を考える”

それが根本だと僕は考えます。筋トレって自己満足の趣味なはずなのに「頑張っているだけ」で時として周りに良い影響ばかり与えたりする事が多いのですね。

だからこそ出来るだけ”結果だしてモテたいから”とか”結果出してる方がカッコイイから”といった薄い目標ではなくより高みに一緒に行きたいですね。

また,人は“何か力を手にした時”その力を自分でコントロール出来ず【自分の力の欲望に溺れる人】をよく見かけます。

ボクシングをしているから喧嘩に率先したり,鍛えているから偉そうであったり,

自信が溢れた自分はとても偉大で大事ですが決して自らの有り余る力に操られず乗り越えていきましょう。

小さな目標をたてる

小さな目標については筋トレというカテゴリーでは恵まれています。だって,レップ数にしろ,どの部位のメニューをやり遂げることにしろ,最高重量にしろ,その日に必ず設定されているものですからね。

1日のスケジュールを前の日やその日の始まりにメモすると良いとも聞いたことがあるので「筋トレしている人に成功者が多い」イメージがあるのはきっと「プランをたてるクセ」がついているからなのでしょうね。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

設定すらしていない人はまずはメニューをつくってくださいね。

さて,こういったことを毎日続けていくとワクワクも少しずつエネルギーを失っていくものです。たまにこういった整理ごとを聞いてワクワクを取り戻せたらいいいな~というのが僕の書いてる意味でもあるのですが。笑

ワクワクはその分野だけではない

このサイトで言えば「ワクワクというのは筋トレだけに起きるものではない」ことを改めて言います。

1週間以内に遊ぶ/食べに行く予定をたてることも,夏に出店,花火を見に行く予定をたてることも,全てワクワクに繋がる要因です。まあ,これらは娯楽なのでジャンキーになる事には注意すが。笑

コツはその物事を考えながらトレーニングに向かう事,です。やりだしたら集中してくださいね。笑

本当のワクワク,真のワクワクはやはり人に喜ばれる何かを考えることではないでしょうか。

それは自分にしか分からないことです。



ken22冒険日誌(まとめ)

今回は肉体改造復帰までに7ヶ月空いてしまったが,その間得たものも多い。できなかった事の後悔よりも,再びシャフトを握ることができていることにワクワクしている。

この先こういうことがあっても,何度でも戻ってみせるさ。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,
ページ上部へ戻る