記事の詳細

とある日のこと,腕立て伏せができなくて悩んでいる人がいた。腕立て伏せができないことからも「自分にはトレーニングは向いていないんだ!」と自分が自分に決めつけている。その人は今でも「筋トレとは無縁だ」と思いながらも筋トレをすることは無い人生,筋トレのことすら考えない人生を歩みつつある。

自分で自分を決めつけ,無意識的に諦めていく——-というよりも,行き着く趣味ではない趣味なんて数えきれない程ある。何かに興味が湧き没頭した時点で,それは素晴らしいこと。その時点でそれは才能に繋がり得えます。切っ掛けさえなければ,チャンスさえありません。ところで才能の定義ってなんだと思いますか?

「人よりもかけ離れた何か,生まれ持っての能力」しかし——。結局は継続。真意を言えば,才能は環境が生む場合が多く,才能ある人というのはその環境に恵まれている人のことを言います。安定して何かを継続できる環境下,化け物になるための時間がある人に化け物のような才能が訪れる。

さて,腕立て伏せが出来ない状態からの一歩は,大きな経験となり得ます。
” 鍛える “という能力,
できなかった経験を伝えるという能力,
継続の感覚を得る能力…様々な能力が向上します。新たなる一歩を踏むことにより自分自身の総合的な能力が向上するし,継続は才能ある人に近づける唯一の能力。継続こそまさに才能と言えるんです。

関連記事
(腕立て伏せの限界回数を腕立て勝負で増やす(目標回数20回編))
(腕立て伏せが30回できるようになる方法)

腕立て伏せが出来ることが当たり前ではない

人は自分が当たり前に出来ること/価値観と,世間を比べて” 当たり前 “を判断するクセがあります。当たり前にできていることは決して当たり前ではないし,人それぞれに理解するペースがある。覚える感覚というのは人それぞれに違うんです。

★POINT
興味があるのか?ないのか?が肝心。興味が全く無いのに強制的に手を引かれるのとはまた違ってくる。興味,それだけが大きな切っ掛け。

例えば,この記事でいう腕立て伏せ。自分が「腕立て伏せすらもできないから…」といって” スタートするラインの不利 “を感じてしまい,筋トレに興味があっても始めない方は多く存在します。そんな方へ1つ言わせて貰うと「結局のところ,階段の上り方は一緒ですよ」ということ。

スタートするラインの不利を感じてしまっているうちは,自分に秘められた可能性を殺してしまっているとも言えるし,行き着くことの無い趣味とも言えるんです。

最大限に弱い負荷,壁を使った腕立て伏せ

壁を使った腕立て伏せは,結構良いエクササイズになります。また,膝付き腕立て伏せができない方は,壁から始めると良いです。

★POINT
1日目は何回できるか?をチャレンジしてみて,次回からはその回数を目安に×3SET程を基準にする。壁だけのままでは低負荷なので,たまに膝付き腕立て伏せも挑戦すること。

kabeude

腕立て伏せができない時に行うトレーニング/動画

Youtube

-動画まとめ-

  • 難しく考えず,実践しながらフォーム調整していく
    (実践しなければ分からないこともあります)
  • 腕立て伏せができなければ膝付き腕立て伏せを行う
    (負荷を落として行う)
  • 膝付き腕立て伏せが出来なければ台を使用して行う
    (更に負荷を落として行う)
  • 肩甲骨を引き締めるのは実践しながら理解していくこと
  • 手幅を広げると大胸筋に効果があり,手幅を狭めると上腕三頭筋に効果がある
    (動画で紹介した幅がスタンダード。主に大胸筋,次に三頭筋や大円筋にも効果があり,逆三角形造りにも良い)

★POINT⇒基本的に手幅はスタンダードだが,手幅によって効果が違うので自分がデザインしたい部位を行う。腕を太くしたいなら手幅を狭める。胸板を厚くしたいのなら手幅を肩幅より広めにする。


ken22冒険日誌(まとめ)

腕立て伏せが出来ない場合,膝をついたりするなどをして負荷を下げて行うこと。腕立て伏せができなくて筋トレを諦めている人は多く存在する。

諦めずに継続を始めた時点で,諦めている人たちの遥か上をいくことを意味する。そして階段を上ってからも「肉体改造に興味はあるけれど,切っ掛けが出来ない人」を引っ張ってあげよう。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトYoutube新着動画(2017/2.20更新!!)

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る