記事の詳細

今回は「ドロップセット法」どれくらい休憩したら休んだ事になるのか?を書いていきます。ドロップセット法は僕自身も一番使っている筋トレのテクニックの一つです。それではまず、ドロップセット法とはどのようなテクニックなのか?をまとめていきます。


スポンサーリンク



ドロップセット法とは

ドロップセット法とはインターバル/休憩をとらずにメイン重量から1SETごとに重量を下げながら追い込む筋トレのテクニックの一つです。

例) ラットプルダウン60Kg限界まで⇒50Kg限界まで⇒40Kg限界まで⇒30Kg限界まで

★ドロップセット法のメイン重量ではコントロールできる重量選びが重要です。

ドロップセット法は成長ホルモンの分泌を促し、筋肥大の効果が高いもっとも簡単に実施できるテクニックだと僕は思います。ドロップセット法は怪我のリスクを下げる事ができるうえに、わかりやすくパンプアップオールアウトを狙っていけます。

しかし逆に言えば、追い込めやすいテクニックの一つなのでオーバーワークになりやすいのでしっかりと食事と睡眠が摂れる時に実施致しましょう。

さて、本題です。

この人気なテクニック「ドロップセット法」は「まったく休憩をとってはいけないのか?」という疑問と「どれくらい休憩したらドロップセット法は無効になってしまうのか?」が気になるところですよね。

そこで今回トレーニングマガジンVol.52号にて「ドロップセットのとき、何秒インターバルをとったら休んでいることになってしまう?」という記事があったので参考にしていきたいと思います。

ドロップセットの時何秒/分休憩したら休んでいる事になるのか?

僕の場合、ドロップセットの時に関しましては大きい筋肉は30秒以内、小さい筋肉は10秒以内くらいのインターバルで実施していました。逆に、僕は考え方が大雑把でしたので「重量を下げながら追い込むトレーニングは休憩をどれだけとってもドロップセットだ」と自分の中で思っていました。笑

それでは改めて今回はトレーニング雑誌の情報を元にドロップセット法の休憩時間を考えていきましょう。

私の研究室で20年ほど前に行った実験では、2分インターバルの高強度トレーニングと、30秒インターバルのドロップセットを比較すると、後者のほうが筋肉を太くする効果が高いという結果が出ています。

トレーニングマガジンVol.52-P65 ” ドロップセットのとき、何秒インターバルをとったら休んでいることになってしまう?”

本書では15秒と45秒の比較もしたようですが、答えは出ないのが現状のようです。ただ、インターバル30秒ですると確実に効果が高まっているのだと書かれていました。

★本書ではドロップセット法のインターバルは30秒以内が目安

僕の考えではインターバルを極端に短くするのであれば、その休憩時間、あるいは間隔に合わせたコントロールできる重量選びさえすれば良いのだと考えます。

30秒インターバルで10Kg下げるのであれば15秒インターバルでは30秒の時よりも軽くして20Kg下げてみたりして、コントロールのパフォーマンスを確保すれば良いと考えます。逆に言えばインターバル15秒でコントロールパフォーマンスが落ちないのであれば、あるいは効かせる事ができるのであればインターバルは30秒でなくても良いのだと思います。

それはおそらくその日の調子によって異なったりするので臨機応変に重量を選び、トレーニングを実施していきたいですね。

それでは今回はここまで。本日も良きトレーニングを。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る