記事の詳細

ストリクトとは反動を使用せず,正しいフォーム/適格な動作で丁寧に筋肉を追い込むことを言う。反動を使用して行う「チーティング」とは対象的な言葉。反動を使用して行うチーティングには技術,コツ,テクニックを要し,筋肉へ効かすことへの意識が最も必要になる。まずはストリクト,正しいフォーム/適格な動作を心がけてトレーニングしよう!

【Strict(ストリクト): 厳格な,厳しい,規則を守る】

ストリクトにトレーニングをするということ

 「反動を使用せず,正しいフォームでトレーニングする」という言葉を聞くと「お勉強のお時間なら必要ない!」と言いたげな顔をしてしまう人もいるのではないだろうか。そもそも正しいフォームで覚えるというのは基礎的,「まずはそこから」といったことではない。「” 答え “が正しいフォームに詰まっているから」と言った方が分かりやすい。答えというのは筋肉へ効かすため,関節を痛めないために確立された動作だ。

 トレーニング初心者が重いダンベルを振り回している様をよく目にする。そんな” チーティングもどき “を使用して” 強い “を飾るのは卒業した方がいい。そもそも筋トレに対し,「重い重量を持つことが凄い」/「回数ができることが凄い」という思考が強すぎる場合がある。目的はあくまで「筋肉をつけること」に限る。自分が安定したフォームで出来る重量を選び,ストリクトにトレーニングをするのが最も筋肉を発達させるための確実な道である。

ストリクトにトレーニングするためには

 ストリクトにトレーニングをするためには,先ほども言った通り「自分が安定したフォームで出来る負荷」で動作を行う必要がある。自然と勢い/反動をつけてしまうということは,重量が重すぎるということにもなる。重量を求めるのは筋肉がついてからゆっくりと考えていけばいい。まずはストリクトなトレーニング。需要のあるトレーニングを身体に叩き付ける必要がある。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る