記事の詳細

筋肉は自分を「あるべく自分」としてデザインしてくれる英雄の鎧である。この英雄の鎧を装備していると行動力や自信がついて,「今までには無かった自分」が「今までには無かった人生」をつくってくれるのだ。そして筋肉をつけていけば行くほど,その質はアップデートされていく。


スポンサーリンク



正義の自分とは

seigi01

「正義の自分」とは”ステージで輝く自分”だ。

筋肉をつけることで正義の自分を呼び覚まし「自分の中の最大限のパフォーマンス」を発揮する。日常生活において何かにつけて自信を持つ切っ掛けというものは中々無いものだ。しかし,筋肉をつけることで自信という剣を掲げて戦いに行くことができる。

人は戦う姿勢にこそ「自分の中の最大限のパフォーマンス」が含まれているのだと考える。筋肉をつけることであらゆるステージで輝ける可能性が高くなるのだ。

「正義の自分」とは”在るべく自分”だ。

怠惰に溺れることを楽しみにしている自分が本当の自分ではない。娯楽に頭の先まで浸ることが本来の自分ではない。何かにつけて「頑張っている姿」が自分本来の「在るべく自分」なのだ。しかし、多くの人は「頑張りの証明」を手に入れることができないでいる。

そこで身近な解決策を言えば筋肉をつけることだ。

筋肉は「頑張りを証明してくれる勲章」と言ってもいい。勲章をつけていれば多くの人から評価され”在るべく自分”としてこの世界で1つの存在感として独立できる。

「正義の自分」とは”影響を与える人”だ。

筋肉をつけることで正義の自分を呼び覚まし「影響を与える人」となる。「頑張っている姿」であったり「特化した能力」というのは”憧れ”として人々に活気を与えゆく。また,友人の自慢となるだけではなく,仲間の1人として1つのブランド力として存在できるのだ。

筋肉は正義の自分を呼び覚ましてくれる英雄の鎧だ

生み出した結果の全ては正義となる。仕事から生み出される結果が正義となり,趣味から生み出される結果が正義となる。そして筋肉もまた正義となり「あらゆる舞台」で「自分」を魅せることができるのだ。

多くの人は「自分」を眠らせたまま平穏な日常を過ごしている。

今こそ,最も身近なその筋肉を発達させて体内の血流を加速させて「正義の自分」を呼び覚ませ!!

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る