記事の詳細

今から何年か前にBIG3のフォームを習いに半年間スポーツジムに通っていた時期が僕にはありました。しかしそれ以来ずっとホームジムオンリーで筋トレをしてきていたのですね。そして今期、仕事の環境上,久々にスポーツジムに入会。理由は「現在の様々な別属性の荒波から筋トレの継続が難しくなるかもしれない」ということで継続の質や可能性の幅をあげるためにスポーツジムという名の「環境」が今の僕には必要だと感じたためです。

ということで今回「スポーツジムに通って良かった点」をあげていきたいと思います。


スポンサーリンク



追い込みの効率が良い

s-gym01

ホームジムのトレーニング器具類は一般的にはダンベルならスクリュータイプですし,フリーウエイト以外の器具はプレート付け替えが必要なため余計な集中力と体力を消費してしまう場合があります。それに比べてスポーツジムはダンベルだと重量別でダンベルが揃っているため限界まで追い込んだ後にインターバルをおかずに重量を下げてすぐに追い込めますし,マシンだと重量の上げ下げが棒一本でできるため,やはり追い込み効率は圧倒的に良いものです。

追い込みの効率が変わると時間が短縮できますし,トレーニングの質も良くなります。スポーツジムは器具1つ1つの気遣いがホームタイプの器具とは違いダントツで良く感じます。

夏場は蚊がいない

そんな僕はというとトレーニング効率などよりも「蚊がいない」というのが何より嬉しいです。笑

僕のホームジムでは夏場は蚊が大量に発生するのでトレーニング前に蚊取り線香をたいて一時間放置しなければいけないなどの工夫が必要になってきます。

「すぐに筋トレやりたい!」となる場合は蚊を無視してトレーニングするため,刺されまくりですし,レップ数が良いところで蚊にピタっと張り付かれたりするので厄介です。

それだけでその日のトレーニングのパフォーマンスも大きく変わっちゃう事もあるので「蚊がいない」というのは結構重要なのです。

室内の温度が快適

s-gym02

僕のホームジムはガレージのため夏場はかなり暑いですし冬場は凄く寒いです。そのため「トレーニング中の温度が快適」という有り難みがすごく染みるわけです。笑

「その日のトレーニングのやり始め」は温度によってモチベーションはかなり左右されるところがあるので室内の温度が快適!というのは大きなメリットになります。

同じ属性の人に囲まれる

「同じ属性の人に囲まれる」ってホームトレーニーでは中々実現できませんよね。ですがスポーツジムでは場所や時間帯によっては同じ属性に揉まれてトレーニングすることができます。人によってその環境から情報交換であったり仲間作りなども可能となりますが「囲まれる」というだけで活気であったりモチベーションは違ってきます。小さな事でも「気づきの幅」はホームジムよりも大きく広がるでしょう。


なにせ一番良いって感じたのは「蚊がいない」「温度が快適」ってことですね。笑

それだけで追い込むためのモチベーションが随分かわりますから。それでは今回はここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る