記事の詳細

スポンサーリンク


ケーブルプレス(プッシュ)ダウン,またはトライセップス・プレスダウンは上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。握るハンドルによってもバリエーションが豊富で様々なパターンで上腕三頭筋を追い込めます。また,上腕三頭筋以外に負荷が分散しないよう肘を固定しなければいけないため,フォームの難易度はやや高い種目になります。

(参考)
 ウイダー・トレーニング・バイブル

ケーブルプレス(プッシュ)ダウン-解説-

●肘の位置を変えず動作させる
●フォームが崩れない重量で行う

▼注意点
●反動をつかわない

★POINT
フォームが崩れる/肘の位置が動いてしまう重量で行うと三頭筋以外に負荷が分散されるので肘の位置を極力動かさないイメージを持ち,しっかりコントロールできる重量で三頭筋を収縮させる。


★画像解説

正面。
press-d1

横から見た感じ。
press-d3

●バリエーション

*ショートバー
最もスタンダードなハンドル。シンプルで使用しやすいハンドル。
⇒ [ Link ]
press-a1

*トライセップスバー
ハンマーグリップ風に握ることが出来るので,こちらのハンドルも三頭筋に負荷を乗せやすく動作させやすい。ショートバーよりも気持ち可動域が広くとれる。
⇒[ Link ]
press-a5

*トライセップスロープバー
ロープバーは僕の中ではプレスダウンを代表するハンドル。通常のハンドルよりも手幅から可動域まで応用を効かせやすくある。
⇒[ Link ]
press-a2qq

*シングルロープバー
シングルロープバーはワンハンドで行うプレスダウンで活躍できる。両手で行うプレスダウンよりも丁寧なトレーニングができる。
⇒[ Link ]
press-a3

*シングルハンドル
こちらは使用経験が無いのではっきりとは言えないが,シングルハンドルはワンハンドで行うリバースグリップ・プレスダウン向きだと考える。
⇒[ Link ]
press-a4

ケーブルプレス(プッシュ)ダウンの効果

主な効果 上腕三頭筋
 補助効果  前腕筋
 
skl5
 目標回数 10回~20回が限界の重量で行ってみる。

ケーブルプレス(プッシュ)ダウンの効かせ方メモ

僕の場合ケーブルプレスダウン種目の最後の方にもってくる場合が多いです。なのにも関わらず以前までは重量が重すぎて肘の位置が動いてしまうことが多々ありました。ケーブルプレスダウンは肘の位置を動かさず,ストリクトに行うことで重量が見合っていれば三頭筋にダイレクトに負荷が乗っかってくれる感じが分かります。

現在では重量20Kg前後を使用する場合が多く,かなり三頭筋に入ってよくパンプしてくれるのでお気に入りの種目になりつつあります。

20141101

また,僕の場合ケーブルプレスダウンはサムレスグリップで行っています。親指を外して握ると,三頭筋を収縮させた時につっかえた感じがなくなって可動がスムーズになると感じるからです。また,本来僕はロープハンドルを使用して追い込みたいのですが中々購入する機会がなく今までタオルを手に巻きつけて強引にやったりすることもあったのでした。笑

最近では基本的にショートバーで行っています。ロープハンドルに関しては,近日中に手に入れようと企んでいるところです。

(参考)
 ウイダー・トレーニング・バイブル



ken22冒険日誌(まとめ)

この種目は肘の位置を動かさず,ストリクトを意識するのがコツです。種目においてなんでもそうなのですが,ケーブルプレスダウンでは特にそう思わされました。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,
ページ上部へ戻る