記事の詳細

まずは「オーバーワーク」について説明します。

例えばトレーニングをやり込みすぎると疲れが抜けなくなり、良い結果を出せなくなります。それどころか、日常的なパフォーマンスすらも低下します。その状態を一般的には「オーバーワーク」といいます。一説では「オーバーワークは気持ちの問題」という前向きな言葉もよく耳にしますが、「気持ちの問題だ!」と疲れのピークを乗り越える事のできる人は多くはないでしょう。そういった人は「回復のルーティンが上手くできているか、本当に根性論で乗り切っているのか?のどちらかでしょう。

さて、今回は僕自身が自分が「オーバーワークだなぁこれは」と思える判断材料を紹介していきます。


スポンサーリンク



オーバーワークの判断材料例

基本的に僕の場合の「オーバーワーク」は効かせるのが得意な胸トレーニングをガッツリやり込んだ日、脚トレーニングの日の後日にやってきます。

●眠気が凄まじい
人の身体は回復を必要とすると「睡眠」を求めます。また、筋肉痛を「怪我」という風に置き換えるとわかりやすく、身体はその「怪我」を治す事を優先するのです。なので身体は一番回復効率が良い「睡眠」を脳に要求するのかもしれませんね。

そうして眠気が凄まじくなると食事よりも「眠ろうとする事」に必死になるので、食事も計画通りにいきづらくなる。

●トレーニングパフォーマンスがおちる

疲労感、眠気を重たく抱えているため、トレーニングに熱が入りづらい傾向にあります。ひどい場合はパンプ感を得る事ができず、集中力もおろそかになります。結果的に良いトレーニングに繋がりづらくなります。

●考えが後ろ向きになる/日常生活のパフォーマンスがおちる

疲労感、眠気などを重たく抱えていると「思考」が働きづらい傾向にあります。僕の場合、オーバーワークの時にわかりやすく現れるのはこの「思考面」だったりします。

オーバーワークになると考え方が気づかないうちに後ろ向きにシフトしてしまっていたりします。考え方が後ろ向きになると日常生活において連鎖的に事故を起こしていきかねません。「いつもより前向きに考える事ができないなぁ」と感じた場合、前日にかなり良い追い込みをしている確率が高いものです。笑

自分にとって丁度良いボリュームでトレーニングすると、それはしっかりと自信となりポジティブになり得ますが、自分のキャパを超えるハイボリュームトレーニングをしてしまうと、ネガティブになってしまう可能性も高くなってしまうのだと考えます。

「回復の見込みがあるトレーニング内容」を組まなければならない

僕自身、憧れていた人がいました。その人はショートスリーパーでハイボリューミーなトレーニングしているビルダーさんだったんです。なので記事冒頭でもお話しした「オーバーワークは気持ちの問題だ」という根性論が実はとても好きで、自分に可能性を感じる事のできる理論でした。ですが、改めて自分を客観視してみるとハードに追い込んだ日は必ず考え方がネガティブになりがちなので、「人と関わる事」に触れる環境下ではとても不利にもなってしまいます。ですので、最近は「回復が見込めるトレーニング内容」を心がけてトレーニングを実施しています。

毎日ハイボリュームでトレーニングするのであれば、それなりの食事と睡眠時間が必要ですし、睡眠時間がとれないのであれば、「人との関わり」に悪い影響がいかないようメンタルを鍛えねばなりませんね。

★ハードにやりたい日があるのであれば、次の日が仕事が休みの日など。トレーニング=休養(食事&睡眠)を考え、それらを確保する予定をつくり、しっかり鍛え込む。

それでは今回はここまで。本日も良き一日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る