記事の詳細

今回は「応援されている人の特徴」を僕なりにまとめてみました。この「応援される」というのは筋トレに限らずどの分野でも意識を高く持たなければいけない事です。

尚以下の点は「応援されている人の特徴」を僕なりに抜粋したものであり,勿論のこと僕自身ができていない事も数多いので一緒に頑張りましょう!


スポンサーリンク



応援される人の9つの特徴

ouen9-01

●頑張る姿、そして結果を出す人になる

「応援されている人」は皆貪欲に頑張っています。多くの人は「結果を出している人」を支持して応援しますが,時として「頑張っているというだけで応援をされる」事もあるのです。しかし,結果をバックに置かなければ応援は加速しない事も事実です。

だからこそ「応援されている人」というのは貪欲に頑張り泥くさく結果を求めているのです。そう、“本当の頑張り”は実に泥くさい(でも本人は楽しんでいる)ものなのです。

●人の目を気にせずに、とにかく頑張る

このことについては「どうせ自分は◯◯だから」いつまでも行動を起こさない人に向けてです。自分が好きな分野があるのであれば,人の目を気にせずにまっすぐ頑張るべきなのです。「好きな分野」がある事自体が有り難い話なのですから。

●頑張っている物事が一人ではなく多くの人に向けられている

部屋に篭って一人プラモデルを組み立てて、それを毎日頑張っても誰一人からも見られなければ「応援される人」にはなれません。(応援されることに興味なければ良いと思いますが好きな分野を頑張っているのであれば応援される事で環境がよくなっていくことも期待できます。)

だってそもそも見られていないわけですからね。

そういった時は写真に収めたり、動画に収めたりして同じカテゴリーの人と積極的に共有し合いましょう。また形に収めることでその努力はいつまでも保存されるのです。

●「自分は頑張っている感」を出さない

「自分は頑張っている感」つまり、「今日俺はこれだけ頑張った!凄くないか?感」を出すと1の努力が0.5に見えてしまうのです。逆に「伝わるべく瞬間(タイミング)」に相手に伝わることで1の努力は何倍も膨らみ上がるのです。更に言えば自分から言う努力は相手がまだ求めていないタイミングであるとも言えるのですね。

「どうしても努力を伝えたい人」は動画配信などをするのが最適です。そうすることで1の努力は1のまま見てもらうことが出来,その評価もまっすぐ貰うことができるのです。

ここで言う動画配信は代表的なYotubeでなくとも自分が友人と共有するSNSでも非常に効果が高いものですよ。

「褒めてもらい事」を「確実に褒めてくる人」に見せるのは応援ではなく自己中心的なただの癒やしです。ピュアに褒められる/応援されるには戦場に行く必要があるのですね。

●愚痴や弱音を言わない

多くの場合,愚痴というのはコミュニケーション不足から生じる現象であり,愚痴は言い換えれば「自分が結果を出せていない憂さ晴らし」です。愚痴を言えば言う程その人は結果を出せていません。愚痴を考える暇があるのであれば,自分が前向きになる事を考えた方がその日1日のパフォーマンスは高くなるのです。

愚痴は邪悪な心を連鎖的に作り、周りの人をも巻き込み、最終「高みから見下ろしたいだけの無意味な欲望」だけが生まれるのです。

応援されている人は当然そんなしょうもない野心は抱えていないに決まってますよね。

逆に愚痴を聞く場合,共感という形で会話を昇華させるのが良いです。相手はその会話を愚痴という形で消化したいだけですからね。

●「与えること」に関してケチにならず、だからと言って与えすぎない

「与える」という表現は様々です。言い換えれば「与えること」は「行動で応援する」ということ。「応援したい」と思う人に対して時間/お金をつくったり、物を贈ったり、ちょっとした「気をくばるというプレゼント」をすることです。

しかしだからといって、見返りは求めてはいけません。だってそれら行動は”応援”なのですから。(どうしても見返りを求めてしまう人は「その人が自分に対して”時間”を使ってくれている事を常に意識しましょう。)

応援されている人は普段から人を応援する習慣がついてるので注目を浴びやすかったりします。だからこそ身近に支えられ,”古いファン”からシェアされていくのでしょう。

人生一回きり、自分が気になる人には応援の種をまいた方が良いにきまっているのです。

ouen9-02

●容姿が良い

確かにイケメンや美女は嫌でも容姿が良いので、まさに”チート”と言えます。料理にしろ物のデザインにしろ多くの人は「見た目」から楽しむ傾向にあるため,美男美女はその場に存在するだけで多くの人の癒やしとなり「自然と支持される」事が多いのです。

はい、チートです。

しかし、カッコイイ、可愛い、綺麗、いかつい、美の追求は「イケメンや美女」だけではありません。どれだけ自分に自信が持てなくても最善の努力をするか?しないか?では「自分の流れ(行動)」が変わってくるものです。

ファッションに気を使う、美容に気を使う、肉体改造をする、更に言えば「行動する」。

これらに関しては初めに言った「頑張る容姿、結果を出す人の話」に直結する確率が格段に高くなります。

「自分はどうせ◯◯だから」と描いた現実はまさにスムーズにその通りになるのです。

言わば自分は「その分野を頑張っている自分という会社の社長」なのですから,身だしなみはちゃんとしていきましょう。

●人を自然と笑顔にさせるのが上手い

人の悩みに強引に「言葉の語尾に”?”」ばかりつけて入り込まず,相手の気持ちを考えて笑顔に導くのが上手い人は応援されやすいです。人が抱える悩みの解決の多くは「強く、前向きな気持ち」になります。その強く前向きな気持ちの根源は笑顔で過ごし,気持ちの体勢を整えることなのです。

従って人を笑顔にさせるのが上手い人は多くの人から応援されやすい傾向にあります。

●親を大事にしている

親というのは一番身近な存在であり例えるなら習慣を生み出す神様です。親を大事にできていないということは,その他の人間関係性が深みを増すごとに大事にできなくなってくる確率が高くなる事を意味します。

親を大事にできているということは,友達,恋人,知り合いに対して自分が心を開きさえすればその全ての人をも大事にできる習慣がついていると言えます。

「親しき仲にも礼儀あり」をどれだけ照れずにできるか?どれだけ習慣の中に感謝を感じることができるか?それらはやがて応援される人になるための大事な何かにも成り得るのです。


人から応援されるためには,人からの応援の形を意識するとより応援しやすいですし,応援されやすくなるのだと思います。そんな記事も書いてますので是非。

関連記事→(応援に応えるために応援の形を知る)

それでは今日はここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る