記事の詳細

一般的に「筋肉がある人」「お金持ちの素質があるのではないか?」と言われたり逆に「お金持ちの人は筋肉を鍛えている!」など様々な話をよく耳にします。そんな今回は筋肉とお金持ちの関係を考察していきたいと思います。


スポンサーリンク



筋肉があればお金持ちになれる!?

kanemo02

一般的には筋肉を育てるための食費や,発達効率をよくするためにサプリメントなどを使うため「筋肉をつけていく」ということ自体にはお金も時間もかかるものです。結果として当然一般人よりも時間と費用がかかる傾向にある場合が多いため「時間に追われる人」や「お金に追われる人」がでてくるのも仕方がない話です。

従って「お金を稼ぐ事と筋肉」は人それぞれに必ず直結するわけではなく「筋肉をつけていく過程」で個人に問われていくのだと思います。

筋肉をつけるための習慣

kanemo01

筋肉をつけるために必要なのは自己管理を砕いて「時間管理」や「食事管理も同時に鍛えていかねばなりません。先程「筋肉つけていく過程」で個人に問われると言ったのは,この自己管理ができていくか否かの話です。「管理を習慣にしていく事」というのは「お金を稼ぐ物事」には必須な能力です。お金持ちの人は管理力が非常に高いものですから。なのでそういったところでも「筋肉とお金持ち」は繋がり得るのだと考えます。

消費しているはずの時間とお金が形になっていく

筋肉をつけていく事において時間もお金も使わなければいけません。しかし,消費してきた分は「筋肉」として結果に変わり自分に飾られます。そして「結果から何か生まれるシステム」をつくれば,今までしてきた消費は「投資」としてなりたつのです。

お金を稼ぐという事において「投資」という形にする姿勢は必然的であり,「筋肉とお金持ち」の関係性にも深く関わっているのだと思います。

筋肉を稼げればお金も稼げる!?

筋肉をつけていける人は,まったく同じ情熱と管理能力をお金稼ぎに注げばお金も稼げるのだと考えます。多くの問題は「お金稼ぎが好きだからやれている人」「この道が好きだからやれている人」と大きく別れてしまう事です。

「お金稼ぎが好きだからやれている人」は特に強く,どういったジャンルでも「稼げる!」と判断すれば割り切って情熱を注げる傾向にあるのです。

逆に「この道が好きだからやれている人」は他の物事が横入りすると例えそれが「お金を稼げる事に繋がる何か」であってもそのサプライズに興味が沸かない傾向にあります。

お金持ちと筋肉持ちの考えの差

「お金持ちの人が鍛える」というのも「自分に必要な事」だと割り切っているから時間を注げるのだと考えます。既にお金持ちの人が筋トレに情熱的になれるのは必要であればオールジャンルに興味を持てる姿勢と,お金の力から”環境”をすぐに投資して手に入れる事ができるからこそ結果を出すのも早いのです。「継続を管理すること」の器用さや姿勢が強く行動しなければ管理なんてできないため,行動力がある。

逆に「稼ぎの水準が普通の人が鍛える」というのはお金持ちではなく「筋肉持ち」の素質の方が強く,先程言った「その道が好きだからやれている人」が多いのです。その道が好きだからやれているので,器具がそれなりでもやれますし,環境が変わってもどうにかやろうと考えることができるのです。

「その道が好きだからやれている人」は一点の物事に集中するため他のジャンルに関わる力を残しません。従って,「お金持ち」との関連性は「その道で稼ぐ事」以外の道は難しいものだと考えます。

しかし筋肉は結果として最もわかりやすく,「筋肉を多く稼ぐ人」は「その道で稼ぐ道筋」を選ぶことにより「お金持ち」になれる可能性は高いのかもしれません。


筋肉とお金持ちは関連性や共通点は確かに多いですが,「より筋肉を効率的に得るため」なのか「よりお金持ちになるため」なのかで大きく変わってくるのだと思います。それでは今回ここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る