記事の詳細

筋トレから仕事,あらゆる「頑張りたい分野」において「自信を持って進む」のは大事な事です。もしくは「自信がある」という自覚はなくとも「地道でも進めているのが現状」であれば自分自身のメンタルが最も健康な状態にあるのだと思います。

しかし,時として結果の出している人結果の出せない自分を比較して落ち込んでしまったり,否定的な壁/意見にぶち当たって自分を見失い「自信を失う事」も多いですよね。人それぞれ「メンタルが忙しくて大変」ですよ。笑

人生、面倒くさいですよね〜。笑


スポンサーリンク



失った自信を取り戻す方法の前に…

okaeri01

失った自信というのは中々戻ってくれはしません。一度失えばとことん自分で自分を突き落とし,その自傷行為に便乗するかのように周りからの否定が横入りして相乗効果でメンタルは削られています。なんだよこのピタゴラスイッチと言わんばかりにピンポイントで嫌なことばかり目や耳に入っちゃうものです。

でも実はそれって自分自身が「マイナスの世界」に入ってしまっているだけなので,ちょっとした否定にも敏感になっているだけの状態です。一度「マイナスの世界」に入ってしまうと元の世界に戻るのは中々に大変なんですよね、これが。

世界がカラーではなくモノクロだと,心は晴れませんよね。白黒ばっかり疲れるし。だから早く色付きの世界に戻りたいのです。

そこで「自信を取り戻す方法」なんて無いかなぁ?なんて考えたりして自分なりに足掻きます。這い上がろうと泣いて頑張ります。

「自信を取り戻す」ために様々な事にトライするでしょう。そして多くの人は自慰系の道筋を選びます。

でもそれは「失った自信を取り戻す方法」ではなく「失った自信を忘れる方法」なんです。いや、正解ですよ。それが妥当で「難しくない」と僕も思います。

自慰という「自分リセット」はメンタルを健康な状態にする方法でもあると考えるので,人によっては「自信を取り戻す結果」に繋がりやすくもあるのは事実ですからね。

「自信を失った自分」というのは「マイナス思考に溺れる病気」でもあるので失った自信を「 忘れる 」のは,とても妥当な選択なのです。

失った自信、否、「失った自分」とも言えますから。

失った自信(自分)を忘れる方法

okaeri03

●失った自信は寝て忘れる

睡眠時間が少ない状態であったり,心が疲れた状態というのは考える分,脳もかなり疲労して,とても前向きには考えられない状態になりやすいです。そんな時はグッスリ寝れるような環境下でゆっくり寝ましょう。寝て起きたら世界は戻っています。

●失った自信は人と交流して忘れる

人と交流することで前向きな触発を受けたり,心の保養になることが多いです。こういった時は「信頼できる仲間」がいる程そこに頼れます。下手に人と交流すると相性が悪ければ最悪なので「否定してきそうな人」は極力避けましょう。

しかし、本当に強い人や成功者は絶対的に「孤独に強い」です。まあ,その点を言えば僕は成功者にはなれませんね、寂しがりやなので。笑

●失った自信は世界を変えて忘れる

人は個人個人で「決められた景色の中」でしか生きていません。行き道に帰り道、自宅であったり毎日同じ景色の中で生きています。

世界を変えるというのは,その隔離された世界以外の世界に行くということです。

それは遠出であったり旅行であったり「お出かけ」をはじめに、映画鑑賞にアニメ観賞、読書を言います。自分自身をどこか違う世界に運ぶ行為、イメージ/想像をどこかに運ぶ行為で世界を変える。そうすることで失った自信(自分)をいつのまにか忘れることができます。

●失った自信は食で忘れる

これを繰り返すと過食の原因になりますが「美味しいものを食べる」ことで「美味しい」という感情が満腹感と共に失った自信も忘れ去ることができます。いや、こういう話してると減量中の僕にはつらみです。笑

カツカレーや、ドミノ・ピザ、〆にモンブランを映画見ながら食いてェです。はい。

絶対幸せですよ。絶対。

失った自信を忘れる方法は中毒性が高いから気をつけること

okaeri04

上記「失った自信(自分)を忘れる方法は世間一般では「娯楽」の部類です。これらは中毒性が高く「本来するべき行動」の番外編になるんですね。そう、メインの自分という物語の番外編程度に収めてなければ心を消耗しない変わりにお金/時間をひたすら消耗してしまうのです。

その娯楽よりお金を生み出している人達もいますが,その多くは”その分野の研究者”であるため目的が深くその道のレベルが高い人です。あまり参考にはしてはいけません。


さて、自分をリセットしたところで「元の自分以上」を見つけなければ再び同じ理由で自信を失いかねません。耐性はできるでしょうが、そうなったらしんどいですよね!「またかよ」って。

「失った自信を取り戻す方法」は言いかえれば「自身を強制的に行動にうつすメンタルに持っていく方法」です。まじで。

自分自身が「面倒くさい…」とか「今の自分のままじゃ…」とか「何やっても意味がない…」色んな理由をつけて動かないのであれば,その「動きたくない理由」を排除すること、それが唯一無二の「失った自信を取り戻す方法」なんです。

あ、「強制的に行動」って何すれば…って人はとりあえず筋トレしてください。「行動」というのは継続により築く資産を言いますので,何もなければ筋トレが間違いありません。

失った自信を取り戻す方法

okaeri05

ここで言う「失った自信を取り戻す方法」というのは「行動にうつすためのストレッチ」です。今日起きたマイナスな出来事を頭の中でご丁寧に整理するのも結構なのですが,そのままでは「マイナス思考がループするだけ」です。

何か失敗をしたのであれば,それを消してくれるのは「今から生み出す結果だけ」

●五感の環境を変えてみる

五感は「視・聴・嗅・味・触」を言います。これらの環境を変えると現状まとわりついている後ろ向きな考えを忘れて行動にうつしやすくなります。そして五感の環境を変えることの,ほとんどを叶えてくれるのは「外に散歩しにいくこと」なので散歩は非常に有効的です。僕はよく散歩します。しまくりです。

また,無糖コーヒーに含まれるカフェインで集中力を高めたり,クラシック聞いて心をリラックスさせたり音楽も有効的です。匂いで言えばお香なんてリラックス効果が高く,良いかもしれませんね。

●とりあえず無意味に笑顔になれ!

とりあえず笑顔のまま無理矢理キープしているとだいぶ変人ですが、表情筋を動かすのは非常に効果が高いです。「表情から心がつくられる」といってもおおげさではありません。

●自分の声で自分に聞かす

脳内で「自分はできる!」と言い聞かせても自分は以外にも聞いてくれていません。誰もいないところで自分の声を自分に聞かせましょう。その声は勿論前向きな言葉で。

〜おすすめの言葉〜

「自分にならできる、自分だからこそできる!」

「オォイッ!」(シャウト)

関連動画→(シャウトで気合い入れ脚トレ!モチベ挙げ)

「もう俺には…何が正しいことなのかわからん!ただ…俺のすべきことは、自分がした行いや選択に対し”戦士”として最後まで責任を果たすことだ!」(進撃の巨人:ライナーさんより)

相方がいれば「やるんだな!?今…ここでッッ!!」と言ってもらいましょう。

●今年の目標や来年の目標を無ければ作って自分を計画しろ!そしてそれを見返すんだ

人は目標や野望が定まっていなければ中々行動そのものを掴めず、何をしたいのかわかりません。「自分が何をして何をやりたいのか?どういう未来にしていきたいのか?」を紙に書いていきましょう。それを考えるだけでも結構楽しいですよ!

僕は筋トレ的な目標や、このサイトで書いていきたいことなどパパっと書いていってます。「自分に興味を持つこと」はとても大切です。

●作業/行動に入れたら自分に言ってあげましょう

「おかえり、自分」と。「悩む間合い/時間」をあけてはなりません。隙間を行動でうめろ!


「失った自信を取り戻す方法」というのは,ことはつまり「モチベーションを取り戻す方法」でもあります。今の時代,触発には困らないくらいモチベーションの高い作品や人々に囲まれる環境が動画やSNSを通じて簡単に手に入るものです。

失った自信を取り戻したいのであれば、どうにかして「モチベーションをあげる行動」に無理矢理入りましょう。そしてその行動は筋トレがおすすめです。ありとあらゆるマイナスを筋繊維と共に破壊するのです。

余談ですが,こうしてブログやサイトに前向きを発信することで後ろ向きである自分を破壊することもできます。書物もとても良いものですよ。

それでは今回はここまで、本日も良き1日をお過ごしください。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る