記事の詳細

本日の筋肉痛は昨日に引き続き背中と三頭以外全てです。これぞ交通事故と言わんばかりの至福のダメージの中を泳いでいます。

関連動画→(脚の筋肉痛が事故レベル!痛みの宴に乾杯だ!)

あまりにも”最高の痛み”に浸り倒しているため昨日と今日の2日連続トレーニングOFF。そして次回は脚回復待ち狙いで床デッドの脚日を設けようかと企んでいる状況でございます。それでは本日の日記を書いていきます。


スポンサーリンク



「休養」という名のサプリメント〜心のサプリ〜

今週は3日間程、当時減量が上手くいっていた時のようなリズム/ボリュームでトレーニングできていました。

ボリュームをこなすのは良きではありますが年々「効かせ方」が明らかに上達しているため、ハイボリュームトレーニングになりますとオーバーワークを匂わせる疲労に襲われます。笑

求めてはいましたが。

まあ、しかしいちいち一部位ごとの筋肉痛が明確に「ひどい」。笑

【 効かせ方が以前より上手くなってきている×数年前と同じボリューム 】

そリャぁ、しんどいはずですよね。(喜)ですので最近は以前のように週に7回トレーニングなんてできませぬ(笑)もうほんとこのペースを維持できれば嫌でも発達するでしょうが、今現在弱った自分を補強してくれるサプリメントが無く、食事管理も上手くいかない環境であるため、OFFを躊躇なく入れ込んでおります。

「休養」という名のサプリメントに頼るのです。

ハイボリュームでトレーニングできている時の回復方法って、

・サプリメントでカバーする
・食事管理調整でカバーする
・OFFを入れる
・睡眠の質をあげる

などあげられますが今回は「休養」という名の一番身近で簡単な方法「トレーニングOFFを入れ込む」で発達を促進させます。

回復方法が無けりゃァつくるまでだ!って事です実際。

本来「強度の高いトレーニング」が実現できているとすれば…。

*グルタミンで免疫力をカバー
*ハードワークからのカタボ傾向にならないようBCAAでカバー
*トレの時のパフォーマンス向上にNO系でハートごとブースト
*たくさん食べてたくさん寝る(ポイントは「トレーニングボリュームに見合った休養と食事」)

回復促進〜頻度の高いトレーニングを実現させるにはこれらの”頼り”が理想的であります。

関連記事
→(【バルクスポーツ】グルタミンの効果,飲み方【レビュー】)
→(【MRM】BCAA+G1000レビュー!アミノ酸に溺れようぜ!【レモネード味】)

その「頼り」に甘える事ができない状況であれば、「休養」という名のサプリはハードなトレーニングには不可欠なものです。何事も臨機応変に変化に対応して結果に繋げていければ良しですね。

僕の場合、とにかく暇(スキ)があれば記事更新。動けるのであればトレーニング。その繰り返しでございます。それでは今回はここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る