記事の詳細

最近のトレーニングでは「中々筋肉痛がきてくれない部位」に対しては迷わずにネガティブトレーニングを採用しています。ネガティブトレーニングをすれば苦手部位に対しても嫌でも負荷が入ってくれるのですね。結果として翌日には筋肉痛が訪れてくれます。一般的に様々なトレーニングの中でもネガティブトレーニングは基本中の基本に思われがちではありますが,改めるとチート級に効いてくれる有り難く真っ当なやり方なのですね。


スポンサーリンク



ネガティブトレーニングとは

ネガティブトレーニングとは挙げる,下げるの動作であれば「下げる」を重点的に集中し,引く,戻すであれば「戻す」を重点的に集中するトレーニング法です。

例)スカルクラッシャー(ライイングトライセプスエクステンション)で言えば…。

nega02

上記の画像のスタートポジションから以下の画像まで下げる動作に時間をかけることをネガティブトレーニングと言います。

nega001

そして挙げる時は極力時間をかけず爆発的に。

nega03

ネガティブトレーニングで扱う重量は「下げる動作に集中できる重量」を前提とするので比較的普段よりも軽めの重量を選択することになる場合がほとんどです。

ネガティブトレーニングが超オススメな件

僕の場合,効かせることにおいては苦手だったバーベルカーフレイズ,トップサイドデッドリフト,ベントオーバーローイングに関しては積極的にネガティブトレーニングを採用しています。今のところネガティブトレーニングを採用してからこれらの種目に関しては翌日に筋肉痛が来なかったことはないですね。

また,ベンチプレスにおいてもたまにネガティブ重視でやったり,様々な種目に扱いやすいトレーニング方法です。

「筋肉痛が来なくて困ったらとりあえずコレだろ!」

というくらい信頼しています。笑

筋肉は常に新しい刺激を求めている

nega04

筋肉は成長のために常に新しい刺激,負荷を求めています。ネガティブトレーニングの場合,ネガティブにかける時間をジワっと効かせることで新鮮な刺激がシンプルに入りやすく,効かせやすい。

「どの種目においても最高重量を更新していけば良い話だ」という単純な意見も多いですが, 僕みたいに関節が弱い人だとある重量に達するとすぐに関節がついていかなくなります。なぜかといえば,関節周りの筋肉が弱いからなのだと僕は考えています。

関節が弱ければその周りの筋肉を分厚くしてから最高重量にトライしていく方が安全圏なのですね。筋肉は少なからずともラップのような役割で関節を守ってくれるのだと考えられるからです。何事も効かせていきゃ後先なんとでもなります。

ネガティブトレーニング自分の重量更新の可能性を広げてくれるトレーニングの1つです実際。

それでは今回はここまで,本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る