記事の詳細

今回は「結局はネガティブが何でも解決してくれる」という気づきを冒険してきた結果得ました。「ネガティブ」とは否定的、消極的な自分を指します。ことはつまり「何でも後ろ向きに考えてしまう自分」ですね。また、筋トレで言う「ネガティブ」とは「下げる動作/戻す動作」を言うのですね。ここで前者、後者の「ネガティブ」として共通するのは「戻す/ふりかえる要素」を含んだものと言えます。さて、まずは考え方の方のネガティブからお話ししていきます。


スポンサーリンク



ネガティブな出来事→ネガティブ思考

nega002

「ネガティブな出来事」とは否定的な出来事を言います。ネガティブな出来事が起きると多くの人は様々なネガティブな経験をふりかえって「ネガティブ思考」として育てます。

また、結果が出せない自分に直面する時であったり,自信を失うような出来事が起きると「ネガティブ思考」になってしまうものです。1日初めにコーヒーなんてこぼしたりすると「今日一日悪い日になりそう」なんて些細な決めつけさえしてしまう事なんてありがちではないでしょうか。笑

ネガティブ思考は心の病気

nega003

考え方そのものが「ネガティブ思考」になってしまうと戦意喪失は勿論のこと「どうせ◯◯だし面倒くさい」という理由をつけがちになってしまうものです。思考は姿勢になるので「後ろ向きな考え方」からは何も生まれないのです。ネガティブ思考は病気のようなもので失恋した時のように心にまとわりつきます。

ネガティブ思考からは「後ろ向きな姿勢」しか生まれません。そして後ろ向きな姿勢は多くの「ネガティブな出来事」を引き寄せます。普段気づかないレベルの「ネガティブ」でさえ敏感になり自分の心にあるネガティブセンサーがご丁寧にも”それ”をキャッチするのですね。

そうです、ネガティブ思考からは何も生まれません。

ネガティブな出来事→意味があること

nega001

ネガティブな出来事があったとしても「意味があることなんだ」と考えるクセをつけると結局は良い話に繋がる事が多いものです。「あの時の出来事は今日のこの時のためだったのか!」と。もしも朝一発目にコーヒーをこぼしてしまったのだとすれば,その時に「どれだけ周りに優しくできるか?」が重要(相手のためだけではなく今日一日気持ちよく過ごす自分のために)で、そしてそのロスになった時間はきっと,この後どこかで実を結ぶために生まれた貴重なロスであると考えると「今日、何かが起きるのだな…?」と、ワクワクしながら最高の今日として1日をスタートする事ができます。

物事を前向きに消化していかないと良い明日はやってきません。

結局ネガティブが何でも解決してくれる!ネガティブ愛を高めよ!

nega004

ポジティブな人で無い限り「どういう1日を過ごしたいのか?」なんて自分が築き上げた性格に振り回されるものです。笑

誰だって「ネガティブ思考」なんかになりたくありませんからね。しかし、そうしてネガティブに過ごてしまった時間は決して無駄ではなく、その時にしか得れない価値観は多いのです。「あの時は相当馬鹿だったなぁ…」なんて振り返って「自分が成長している事」を確信したり「あの時のように道を外してたまるか!」なんて経験が活きたりします。

結局ネガティブが何でも解決してくれる件

結局ネガティブが何でも解決してくれます。筋トレで言えば「ネガティブ動作」に集中してネガティブレップ重ねるとほとんどの種目でめちゃくちゃ効いてくれますし,人の心の中に住むヤマイ「ネガティブ」ですら,ハートを更に強くするためにめちゃくちゃ心に効いてくれます。

言ってることは心理学でもなく圧倒的に経験則、感覚的なものでしかありませんが心情的にも筋情的にも「ネガティブは宝」です。是非とも今一度意識して過ごしてみてください。今日の色が変わりますよ。筋トレも私生活も全て「戦う姿勢」を忘れないための自分作り。それは「ネガティブを味方にすること」にあるのです。

それでは本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る