記事の詳細

現在の筋肉痛は腕と胸、そして脚が昨日まで続いていたのですが本日90%あたりまで回復しているので休ませずしゃがみたいと考えております。さて、昨日のトレーニングが腕で2日前がOFF,3日前が脚トレーニングでしたのでトレーニング日記を書いていきたいと思います。


スポンサーリンク



脚トレーニング日記

フルスクワット
100Kg x9 x3
90Kg x5
80Kg x7 x4
70Kg x5 x4
60Kg x8 x6 x5

バーベルカーフレイズ(スミスマシン)
66Kg 2SET
56Kg 2SET
限界時に自重カーフレイズ実施。

レッグEX
50Kg~ドロップ 6SET

以上です。この日はスポーツジムにてトレーニングでした。

腕トレーニング日記

スカルクラッシャー(頭上下ろし)
26Kg x21 x10 x10 x10 x9

フレンチプレス
23Kg x10
18Kg x16 x14 x13

テイトプレス
12.5Kg x(10,10) x(10,10) x(9,9)

プリーチャーカール
21Kg x23 x14
16Kg x23 x13 x13 x10

プリーチャーハンマーカール
18Kg 3SET(レップメモ忘れ)



心の制約

書くにも言うにも全ては「心の制約」である。言って周りと結び、書いて自分に誓う。おおげさに言えば全て儀式みたいなものだと考える。ここで「何が核となって制約が働いているのか?」を考えた場合、それはその人の「物語」にしか無いと考える事ができる。例えばその人の誓い事/言い事や書き事に対して物語/経験がつりあっていなければ結局のところお金のためのルールに縛られて終わりなのだ。「現実」という自分では描けない他人の描く現実に呑まれゆく。

“支え”は偶然か運命か自分が築いてきた物語にしかあるわけがない。

「自分を信じる」というのはそういう事だと思う。

どれだけ「意味がない!」と思える事も必ず自分が願っていた事に繋がり得る事実は,自ら築いていく物語を更に広げていくのだ。逆に「意味がない!」と思えているのであればそれは「意味がある可能性がある」わけである。自分にとって意味がなければ眼中になく心にも響かず、「意味がない!」と考えすらもしない。

人生観、世界観、いつのまにかできている”それ”達。自然に目に留まり、自然に心に響く”それ”達は個人個人でいつのまにか違うわけだ。

つまり自分のやるべき事というのは万事共通で自分の核なる部分ではわかってはいるが,多くの人は他人の現実に生きるハメになっていく。だからこそ、「自分が何をやりたいのか?どうなりたいのか?」というのを常に忘れない事は超重要なのだ。

さて、今日は脚トレーニングをしよう。おっとこれもまた物語に乗じた制約…なんてね。

それでは今回はここまで、本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る