記事の詳細

今回は最近の動きからの気付きであったり,大事だと思ったことを書いていきます。


スポンサーリンク



「その時の全力」という気持ちが良い人生をつくる

日々,一生懸命過ごしていると仕事でも遊びでも「悩み」ってどうしてもつきまといます。むしろ悩みが無ければ人生なんて面白くなくなるのかもしれません。

「悩むのも人生だ」とはいっても悩みの1つ1つに真剣に向き合っていたら疲れるので「適当さ」も必要になってくるわけです。この「適当さ」って聞こえは軽いですが「適当に行動する事」であって「完全に諦めている行為」ではないのですね。

適当さって自分のキャパ調整でもあります。

なので何でも適当にやれる人が結局自分のキャパに余裕ができるので有利に見えてくる場合もあります。

でも多くは「適当にしたい場面」で真剣に考えてしまう人も多いものです。

悩んでも悩んでも結局その悩みを消してくれるのって誰かに愚痴ることでもなく,寝て忘れることでもなく「行動する事」だったりします。この「行動」においては別の属性の行動でも良いのですね。

行動してすごく感じます。「あ〜やっぱ行動だわ」って。

愚痴って誰かと意見を共有して「諦める」ということだと思うし,寝るにしても「忘れるため」ではなく「次行動するために」寝て姿勢を立て直す気持ちで全てを全力にあてていきたいですね。

何に関しても「その時の全力」の積み重ねが良い人生をつくるのだと最近身に染みてます。なので失敗しても僕はそれが全力なんで良いんです。行動します。

こうして日記を書いてアウトプットしていると方針を思い出すことも多いですし。弱かった自分を忘れることさえできるので,やはり前向きでいることがどれだけ大事か?というのがわかります。一人で悩んでいたら解決できず頭の中で悩みがループするだけですからね。

解決策は「前向きな自分を思い出させるための行動」に尽きますね。

ブレない気持ちが大事

仕事も言葉も行動も「ブレない気持ち」が超大事です。言葉に関しては自分がブレないための方針を掲げていたとしても,時として「自分の想い」をまっすぐに相手に伝えることができない事も多いものです。ブレない気持ちをストレートに誰にでも伝えることができていれば,それ程カッコイイ事はありません。それこそ「真にブレない」と言えるのかもしれませんが「自分の世界観を貫き通す」といった意味では相手の意見(戦場)を超える覚悟も同時に必要になってしまう。相手の旗をとった後に見えてくる景色が違ったとしてもブレてはいけないのです。

この「ブレない気持ち」というのは「自分のプライド的要素」などではなく,「物事に対して好きかどうか?」という情熱を軸にするとわかりやすいですね。

今日はそんなことを考えていました。

それでは今回はここまで,本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る