記事の詳細

今回は日々の気づきを書いていきたいと思います。「心の制約で起こす行動も変わる」と「負けている人は余裕が無い」という事について。それでは書いていきます。


スポンサーリンク



心の制約で起こす行動も変わる

漫画のHUNTER×HUNTERでもありますが「心の制約」って結構リアルでも在ると思うんです。

自分が「間違っている」と思うことをやると罪悪感というカタチに変わって心に滞在して後々の行動力に支障きたしますし,その人が「間違っている」と思っている物事でも,ある人からすると「間違っていない」とすれば罪悪感すら無くその人にとっての日常なんですね。

また,継続などの色も「心の制約」ってかかると思います。普通に物事を継続している人もいれば,何か物語/過程を踏まないと継続に行き着いていない人もいるものです。人の心って不思議なもので,自分が歩む道によって心に積まれていく価値観も変わっていき起こす行動もその人のオリジナルなんだな〜なんて思います。

負けている人は余裕が無い

「負けてる」と感じている人って余裕がないですね。「負け」と感じている人は常に愚痴を発信しますし,他者の間違えを訴えて自分の無力感を忘れようとしますから。僕もプライベートではすごくすごくありがちです。ただSNSやブログなどでは字として残りますから極力言いません。

僕も「誰かに負けてる」と思った瞬間にあらゆる場面で自分を見失います。自分を見失うと発言する言動も変わってきますし,ピリピリすることもあれば,暗く落ち込むこともあります。そういった姿にならないためにも「負けだ!」なんて思ってはいけないんですよね。「負けだ!」と思った瞬間,更に負けるための道筋を弱い自分がご丁寧につくっていきますからね。弱い自分って自分の中ではすげェ強いのなんのって。中々心から立ち去ってくれないものです。

このサイトでは結構何回も言ってますが「戦う姿勢」を忘れてはなりません。あらゆる場面で「あらかじめ心を温めている者」が先手を掴むのです。それだけの話なんです。この世の中は常に戦場。弱ければ負けるだけのシンプルな世界なんです。

心が弱い状態は損を生んでいる状態

心が弱っていれば損しかありません。弱さが損を呼び寄せて更に自分を弱くする。弱さが弱さを呼び自分の中の最弱をつくるんですね。だから復帰も難しい。一度「弱い自分」が心に現れると復帰は困難な状態になります。それが心のコントロールの難しいところですね。

「このままでは更に事態が悪くなる」ってわかっているのにあらゆる弱さの元凶が自分を邪魔するんですね。プライドに嫉妬心に弱い自分への怒り。

その体勢を立て直すにはただ1つ。

「 相手に与えることだけ 」を考えなければなりません。自分を守ろう守ろうなんざ生ぬるい話です。弱さの典型的。

与えるとは人への想いやりであったり,優しさですね。与えるごとに人は強くなっていく気がします。あらかじめその心さえ温めていればこっちのモノです。それが戦う力というものなのだと思います。

それでは今回はここまで,本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る