記事の詳細

今回は最近のツイートを貼り付けていくついでに、その時の気づきのお話を少し広げてお話し致します。それでは書いていきます。


スポンサーリンク



結果を積んで想像力をあげる!

想像できる物事は起こりうる現実。「今自分が想像できる範囲」、もう少し言えば「スムーズに想像できる事」は「最もありえる事態」と考える事ができますし、想像しやすいもの程「実現性」が高いのです。

似たような言葉が漫画ワンピースの空島編での名言でもありましたよね。

人が空想できる出来事の全ては

起こりうる現実である

物理学者 ウイリー=ガロン

「人が出した結果」を目の前で見る程、その現実性をイメージしやすく、「こうなりたい!」であったり「こうなれるんだ!」と糧になるものです。そうして糧にした力で自分が結果を出す程、結果を積む程、より想像力が上がり、「結果を積んだ自分にしかできない想像」が明確にできていくものだと僕は考えます。そしてその想像は自分が思った以上の結果に繋がっていくのです。

トレーニングをする

食いまくる

そのシンプルが俺自身の想像をも進化させる!

【大胸筋】ぬるま湯に浸る自分に打ち勝て!【筋トレ】

「自分がどうなりたいか?どうしていきたいか?」を想像できなければ行動力に深みがでません。ですので自分が歩む道筋を否定される環境下に置かれる程、想像力が乏しくなり、「自分には無理なのかもしれない」という余計が生まれ、自らの行動力を殺してしまいます。

そうして行動力がサビつけば【行動する→結果が生まれる→改善してすすむ】のループがくずれるのです。また、「結果が生まれない事」は自分への否定に繋がりますので、「人と関わって想像力を取り戻す事」であったり「知性を磨く事」や「行動改善する事」をしなければならないわけです。

と、まあ、それを一言でまとめると「モチベーションを保つ!!」であったりします。笑

筋トレにおいて結果を積むのって地味ですよ実際

というか何でもそうですよね。サッカー選手でも「試合」という舞台にたつことで、「見る側(応援する側」)」はその培ってきた技を見れるわけですが、それって「日々の地味な練習の積み重ねたものがあるからこそ」のパフォーマンスですから。ドリブルの練習やシュートの練習に念入りなストレッチなんて見る側はCM程度に収めるわけです。多くの人が興味を持つのは「結果」でありながら、その「過程/物語」はスキップしてしまう傾向にあるようです。

その「過程」をスキップせず興味を持ち、楽しめる者こそがプレイヤーですからね。

0.1を積んでいくイメージでは遠くなるのかもしれません。今日を楽しんでなんぼですよ。というわけで本日もトレーニングを楽しんでいきましょう。重量重視にいく方は挙げ倒し、効かせ重視の方はトコトン効かせてやりましょう。

本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る