記事の詳細

筋トレを継続していると様々な壁にぶつかります。ある時は眠気に負けたりある時は急遽入った予定で潰されたり,ある時は風邪などの病気により自信を失ったり。

しかし,それらの日常による弊害などは実は可愛いものなのです。なぜなら情熱があればなんとでもなるから。もっとわかりやすく言えば好きであれば続けることができる。ボディビルダーの田代さんも言ってました,「好きでないならやらない方がいい」と。

ここで自分に疑いをかけてはなりませんよ?我々は筋トレが好きなのですから。

だから田代さんが言うのはその通りだと思うのです。突き詰めれば「好きでなくなった時」人はその物事に対して継続の心を失っていきます。

筋トレ継続最大の敵は…!?

NEKOhyoitto_TP_V

ズバリいいます。それは「環境」です。

まず第一に「仕事」との相性が悪ければ「興味を保つ体力」が分散されて筋トレの継続が難しくなります。僕の場合一度1日18時間もの労働をしていた時はさすがにトレーニングの「トの字」すらも浮かばない程,自分に余裕がありませんでした。汗

しかし厳しい外仕事と同時に肉体改造の両立で凄い結果を生んでいる人がいるのも事実です。そういう人を観察していると「モチベーションを保つ秘訣」が見えてきます。

環境が厳しい中筋トレのモチベーションを保つ秘訣

僕の観察上「厳しい環境下の中で筋トレを続ける秘訣」は「触発」だと確信しています。そういう人は「スポーツジム」に通って身内と合同トレーニングしていたり,SNSやブログを利用して多くの人との関わりに積極的なのですよね。

「その分野を好きでいるために」その分野が好きな人に取り囲まれるのがコツ。

身体も凄いので相乗効果により周りも凄い人ばかりで余計に触発の連鎖が続くわけです。

結果的に厳しい環境下でも筋トレの継続が生きる。

仕事の環境下がキツい程,一人でトレーニングして誰とも関わらないのは「意味合い,必要性」を失い,体力の温存に傾くため継続が不利になっていくのですね。

さて、筋トレ継続史上最大の敵は健康に進むことを前提に言えば,プライベートの中ではもう一つあります。

筋トレ史上最大の敵は…?

150415262600_TP_V

それは「恋」です。

多くの人は仕事か女かで何かしらの継続に支障をきたします。これは筋トレでなくとも継続の物事で史上最大の敵に感じます。もう少し言えば恋をしている時は爆発的に良いとされますが,付き合いを始めたら恋に溺れる人が多いのだと感じます。

学生のうちはひたすら恋愛との勝負ですし,社会人になってからは環境+恋との勝負です。その中で順調に筋トレを続けてきた者だけが良い結果を残していくのですね。

もしもそれでも結果が生まれていないのであれば単純にトレーニング量や重量不足に食事不足であると同時に情熱が足りないのだと思います。それこそ「触発」を求めにいって学んだ方が早いかもしれません。

継続したい!恋に勝つ方法は?

「筋トレの敵は環境?解決策は触発だ!」

「筋トレの敵は女?解決策は…?」ということで,これは僕の経験からしか言えませんがズバリ言うと「進む事」です。確かに継続を頑張ることで恋している相手に逃げられるかもしれません。しかし,「人の魅力」というのは「頑張りの中」にあるのですよね。

恋をされた場合で言えば,頑張っているからこそ惚れてくれた可能性が高いということです。

それでも恋というのは非常にややこしいもので「頑張っている自分の世界観」に惚れてくれてた相手の「女の世界観」にいつのまにか自分が呑まれているというパターンがありがち。

結果的に鏡で自分を見る回数が減り,女を見る回数ばかり増えていく。

先程にも言いましたが解決策は矛盾してますが「それでも尚継続すること」に尽きます。欲望に負けず,ひたすら前へ進むと相手が自分にふさわしくなかったのか?支えてくれて更に高みへ行けるモチベーションとなるのか?が分かるかもしれませんね。



ken22冒険日誌(まとめ)

筋トレの敵は環境と女だ。本気で好きなのであれば,まずは環境を整えることから意識していくのが先決である。例え気になる異性ができたとしても結局は環境が整っていればモチベーションも保ちやすい。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る