記事の詳細

スポンサーリンク


筋トレを継続している者でも仕事の強度次第や,その時その時のメンタル次第では「筋トレをする時間がない」と悩んでしまうのはよくある話です。このことは,言い換えれば” 筋トレに興味がなくなってしまっている状態 “ともとれます。目の前の予定に夢中,もしくはトレーニング以上に興味があるものが阻害して筋トレ自体の価値を薄めてしまっているんです。

そして絶えず1つの分野に興味を持ち続ける者が洗練された結果を手にいれやすいのです。というわけで,今回の記事では「筋トレをする切っ掛けづくり,考え方」を紹介していきたいと思います。

多くの人が完璧症である

” 予定を理想通りにやり遂げたい ”

多くのトレーニーはそう思うことだろう。その影響から一度決めたワークアウトメニューが合計1時間かかるメニューだとするならば,その1時間という時間がとれないと「今日は筋トレができない」と錯覚してしまう。つまり,その日15分の余裕があったとしても「15分程度のトレーニングでは意味がない」と思ってしまう傾向にある。

実際にはトレーニングできる時間はあるのに,そのような自分ルールによって無理と判断されてしまいがちだ。

k-jikan2

そしてその循環が続くと「今の時期は筋トレできてないから,しっかりできる時期にやろう…」と,ついには筋トレへの興味をやむなく諦めてしまうのだ。一度完璧でなくなれば,どうでもよくなってしまう。

そんな時は” 完璧にやりたい “という願望を無くして,「少しでもやっておくか!」と余裕を持ってやってみるとトレーニング自体の質が落ちたとしても” 筋トレへの興味 “は熱く保てる可能性が維持されやすい。

筋トレは時間がなくてもできる

例えば分かりやすい話,寝起きに腕立て伏せを20回。会社のお昼休憩に腕立て伏せを20回。帰宅後に腕立て伏せ20回を行うと1日に合計60回もの結果を出せることになる。腕立て伏せ20回するのに「筋トレする時間がない」という人は中々いないだろう。

従って,あとは先ほど言っていた完璧症メンタル興味の問題だけなのだ。

参考: 『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2014年6月号

プッシュアップを1時間に10回行い,それを1日10時間繰り返せば,1日に合計100回,プッシュアップを行うことになる。その方法であれば疲れることは絶対ないだろうし,汗だくになることも絶対にないだろう。そしてそれを1年続ければ,プッシュアップを年に3万6500回行うことになる。

P23: トレーニングに言い訳は無用!

ここでは” 効果を得れるのか?得れないのか? “が問題ではない。趣味というのは些細な切っ掛けから自分なりに展開していくことができる。つまり,どれだけ趣味に更に興味が持てるか?と言っても過言ではない。小さなトレーニングでも興味を保つという意味では効果は絶大だ。

少しのトレーニングで効果を得る方法

トレーニング初心者であれば,自重トレーニング(腕立て伏せやスクワット,重りを使用しないトレーニング)でも十分に効果を得ることができる。しかし,人はすぐに環境に慣れてきて同じ負荷に適応していく傾向にある。

そのため,同じようなトレーニング負荷では” その負荷に見合った体 “までしか成果はだせなくなってくるのだ。そんな時は” 重りを使用したトレーニング “を行うことで,少しの時間でも効率よく追い込めることができる。ウェイトトレーニングに慣れていけば,もっと話は速い。

バーベルスクワットベンチプレスなら1日15分やり込むだけでも十分に効果,結果を出せる可能性が高いからだ。時間がないうえに効果を得たいという場合,まずは家にトレーニングできる環境から用意するのも1つの手だ。

 ホームトレーニングおすすめ器具
 Wバーベルバー  幅をとらないため,普通のバーベルバーよりも場所をとらない。コンパクトなバーベルバー。カール種目やロー系のトレーニングが行いやすい。ただし,置く場所(床)に注意する必要がある。
 ダンベル 20KG セット  ホームトレーニングの王道器具。Wバーベルバーと同じく置く場所に注意。
 フラットベンチ  フラットベンチがあれば,ダンベル等を利用してトレーニング種目をストリクトに行いやすい。(椅子やベッドなどを利用すると,フォームがくずれやすい)ベンチ台は強度重視のリーディングエッジフラットベンチがおすすめ。折り畳み式のものは強度が心配。
関連記事⇒(ホームジムおすすめのフラットベンチ)
 コロコロ  腹筋台は場所をとるので,コロコロローラーや,レッグクランチなどで十分。

パワーラックがあると1番良いですが,ホームトレーニングでは場所に限りがあるので簡単にはおすすめはしません。



ken22冒険日誌(まとめ)

この記事は,筋トレが続かない人や” 今日筋トレしようと思っていたのにサボってしまう人 “に向けて書いたものだ。そして自分に向けて書いた。僕は仕事終わりに,遅い時間になってしまうと「今日はもういいや…」となってしまうことが多い。OFFはOFFと割り切るのが大事だが,筋トレをするつもりであったならば15分でもやるべきだ。

writer-SR

関連記事⇒(筋トレをする時間がないと悩んでいる方へ)

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,
ページ上部へ戻る