記事の詳細

ここで言う「筋トレをサボる事」についての定義付け「トレーニングをやると決めていた日の気分によるドタキャン」を言います。

従って初めからOFFと計画していたのであればそれはサボりではありません。

また心の奥底どこかで「本当は今日トレーニングした方がいいのに」と思ってしまっている自分がいるとすれば,それもサボり属性になるでしょう。「サボり」ってそういうことだと僕は思います。

さて,そんな筋トレをサボろうとしている人々に向けてこの記事を贈ります。


スポンサーリンク



憧れのあの人は君がサボってる間もやっているぞ!

前回の記事でも言いましたが凄い人というのは常に筋肉に結果を生むような事ばかり考えているし,トレーニングを上手くやっています。ここで言う「筋トレのサボり」は実践だけではなく食事管理もそうです。

関連記事→(筋肉の事だけを考えなければ凄い人には追いつけない)

凄い人は皆,誰かが何処かでサボっている間も確実に凡人と差を作っていきます。食事管理は息を吸うように当たり前にしてますし,トレーニングは生活の一部のようにやっています。その姿はいつも楽しそうで「努力している感覚」すら自然すぎて逆に見えにくい。なぜかって「俺は頑張っているぞ!!」というあからさまな感じがしないからです。

継続=努力もはやその考え方がおもっ苦しいのかもしれません。

継続=楽しめている事の方がしっくりきますね。

物事を楽しむためには場数、いかに経験を積み重ねて理解を得ていくことができるのか?そこから結果を生むことができるか?が重要です。だからこそ「まあいいや」の積み重ねは確実に差をつくっていくのです。

サボっている人は五万といる!その一部でいいのか?

世の中で「◯◯をやろう!頑張ろう!」と決めた人達の多くは「その場の勢い」として収まってしまい継続を諦めます。また,自分が好きになれた事を継続する道筋を選ばずに最終的に「お手軽にできる趣味感覚」として扱い,わざわざ自分の得意分野の格を下げて武勇伝として美化します。

そう考えると

世の中でそんな人達が多いということは実は「凄い人/凄い結果」を生むのは簡単な事なのかもしれません。

だって一途になればいいだけですからね。

世の中の多くの人が仕事で忙しくて筋トレができない,世の中の多くの人が異性への恋に必死で筋トレができない,世の中の多くの人が多趣味に走り筋トレができない。

ということは,今日その決めた自分のプランを頑張れば,継続というジャンルの中で積み重ねが他のサボり人達よりも0.1勝つわけです。

昨日は帰ってこない!0.1の積み上げは確実な一歩である!

サボった昨日の自分はサボったままの過去として変えることはできません。反対に頑張った昨日の自分は頑張った昨日の自分の過去のまま揺るがないのですね。

「サボり気分のままトレーニングをするのも身が入らない」

そう思える方も多いかもしれません。

しかし「やってみてから決める」ということが重要なんです。

なぜか?

それは「やろうという姿勢」は様々なプラスの現象を量産することができるからです。

・「やろう」と決めて行ったからトレーニングをやれるかもれない
・「やろう」と決めて行ってる間は出来なくても情熱に変わる
・「やろう」と決めて行ったからこそ他の人々に良い影響を与えることができるかもしれない
・「やろう」と決めて行ってできなくてもその時間のお陰で1日の流れが良くなるかもしれない

前向き行動が起こす連鎖は計り知れない威力があるものです。

トレーニングは1日始めにやるべし!

1日初めにトレーニングすることで1日の後半にダブルスプリットを狙えるかもしれません。また、前半に気乗りしなくても「後半こそ!」という気持ちの整理もできるのです。環境を整えるだけではなく自分をその環境に導くことも忘れてはなりません。

声にだして自分に何度も言い聞かせる!これ効果絶大!

心の声だけでは自分の脳は思った以上に聞いてくれていません。自分の前向きな声で自分の脳に何度も聞かせてノックし続けましょう。

「筋肉の事だけを考えろ!」
「俺にならできる!俺だからこそできる!」

僕がおすすめできる言葉です。笑

それでもダメならレッドブル!くらい行動できていればもはや「近い」ですね。

sabori02

上ばかり見るのは飽きただろ?

俺達の目指しているのギャラリーじゃないんだよ。

「いつだって全力で頑張っている自分」だ!

ということで、今日はここまでです。

それでは筋トレする方は必ず「やろうという姿勢」を。OFFの方は良き食事生活を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る