記事の詳細

今回のタイトルについては「お金持ちは更にお金持ちに,貧乏人は貧乏人のまま」という言葉を聞いて「これって筋肉にもそのまま当てはまるじゃないか!」と,この記事を書きました。

さて,人は「結果」というものを日常の中で掴んでいっています。意識していない部分/小さな積み重ねが人を「その結果/現状」に導くのです。

今ある結果は習慣によって作られたもの

00_PP32_PP_TP_V

「現状にまずい!」と感じるのであればまずは習慣を変えなければ行けません。人は意識していない部分,つまり「習慣」によってその人生が作られているといってもおおげさではありません。

例えば携帯を開いた瞬間,SNSを開きグダグダと2時間という時間を費やしたまま「皆は結果を出しているのに俺は結果が出ないままだな…」なんて落ち込んでいてはダメということです。

筋肉がある人はその2時間を食事に費やしていたり,トレーニングに費やしていたりするものでしょう。

ということは,答えは簡単かつシンプルです。

成功している人の”習慣”の真似をする

C812_ranningucyunodansei_TP_V

お金持ちになりたければお金持ちの人が習慣にしている事を真似する事。筋肉をつけたければその人が習慣にしている事を真似をすればいいのです。

「筋肉がついている人の真似なんてできない!だって扱っている重量が違うんだもの!」と言っていてはいつまでも現状のままでしょう。真似したい相手も重量は始めっから重かったわけではありません。

観察するべきはその人が何時に起きて1日何回食事をしてどのような頻度でトレーニングしているのか?です。

「仕事上,真似できない!」

多くの人がそう言うでしょう。ですが完全に真似できなくても似せる,近づける努力はできるはずです。あとは自分が抱える”情熱”の問題ですよね。

しかし真似というのも人によりますがやはり限度が生じます。

睡眠時間や食事の内容にトレーニング内容…。

このように”ある程度”までしか対応できません。

ではどうすればいいのか…?

筋肉をつけている人の真似よりも先に…。

AL007-zunishitesetumei20140722_TP_V

「お金持ちの人の習慣の真似をする」が答えです。

お金持ちではなくとも「成功している人の習慣の真似」でも良いです。

そういう人の習慣を真似すると「自分に余裕ができる」ものです。これが大事なんですよね。大抵「自分に余裕がない」からこそ真似する余裕もなくなるのです。

なのでこれに尽きます。ここでのポイントが「習慣を真似る事」です。仕事を真似できたらそれにこしたことはありませんが決して「仕事の真似」ではありません。

例えばお金持ちの人の部屋は荒れているのか?荒れてませんよね。「自分はお金持ちだ」と言わんばかりに無駄に整頓されていて部屋がシンプルに作られているイメージがスっと浮かびます。整理整頓すれば考えもまとまりやすいものです。

身近な積み重ねが人生を作っていきます。

何か選択肢を迫られた時「成功している人ならどうしているか?」を自分に問いかけて行動するのがいいでしょう。

筋肉がある人は更に筋肉を得る!筋肉が無い人はいつまでも無いまま

お金持ちの人は更にお金を得る流れを得ています。購入した高級車は雑に扱わず綺麗なままで高いままで売れるし,お金をかけて購入したクラシックな車も売る時には値上がっていたりします。こういうところにも整理整頓能力「綺麗にする心得」の習慣が響いているのですね。

その人はお金持ちなのではなく「お金が流れてくるための思考と流れ」をモノにしています。

例えばお金を得る流れを得ていない管理力の甘い人がそんな車を手にしてところでヘコませたり雑に扱って値打ちが落ちるものです。

筋肉もそれと同じです。

筋肉がある人は「筋肉を得るための流れ」をモノにしているのです。食事にトレーニング,常に触発される環境下。

だからこそ凄くなりたければ必死にしがみついて凄い人の真似」をするしかないのです。



ken22冒険日誌(まとめ)

人類がこの地に生まれて最初に掴む技「真似」。

この技のスキルを磨け!

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る