記事の詳細

以前使用していた計量器も古くなってきましたので新しい計量器を購入しました。今回購入したのはタニタ計量器。「0.1」単位で計れるうえにmlも別で計れる少し良い計量器です。

目的は主に購入したサプリメントを計るだけですので,大雑把にいく方には不要かと思います。

それではレビューを書いていきます。

タニタ デジタルクッキングスケール 3kg(0.1g単位/300gまで) ホワイト KD-320-WH

タニタ計量器のレビュー/0.1g〜最大3Kgkdaa!mlも計れる!

さっそくパッケージはこれです。

計量器とはいえど新品の物が届くと謎のモチベーションが上がりますね。

微量モードで「0.1g表記」で最大3Kgまで計量できます。

電池はお試し用しか付属されていませんので新品の電池も同時に購入した方が良さそうですね。

裏面の説明表記はこんな感じ。

それではさっそく実際に使っていきましょう。

実践!タニタ計量器

さて,さっそく「mlモード」を利用してみます。

mlモードの中でも「水」と「牛乳」が選べるのですね。amazonレビューを見ても分かる通り,この機能のお陰でパン作りなどが上手くいくそうです。

以下の文字「W」(ウォーター)が水モード。

そして「M」(ミルク)が牛乳モードですね。

一回SAVASのシェイカーで水を計ってみます。

関連記事→(ザバスシェイカーの使い心地とメモリ表記がるのか?)

まずは,容器を乗せて…。

容器の重さをリセット。ちなみに計量器右下の「1」表記は「1g」で計りますという表記です。

そしてシェイカーのメモリ「300」のところまで水を入れます。

うん、バッチシですね!

まあ,シェイカーに書いてあるのでわざわざ計量する必要も無いのですね。笑

さて,次はプロテインパウダーを計ってみます。

まずはプロテインスプーンを乗せて…。

重さをリセット!

そしてスリキリ一杯入れて計量!

こうしてこのスプーンでだったらプロテイン何グラム摂取できるか?が明確になりますね。

今回はマイプロテインバナナ味をチャンピオンプロテイン付属のスプーンで計ってみました!(マイプロテイン付属の青スプーンを無くした。笑)

マイプロテインの場合裏表記を見るとタンパク質が1スクープ25gに対して20g入っているので20÷25で1gにつきタンパク質が0.8g。この数字に上記の29.3gを掛け算するとこのスプーンスリキリ一杯はタンパク質23.44gですね。

何度も言いますが,大雑把にガサっといってバチバチに筋トレする人には計量は無縁です。笑

タニタ デジタルクッキングスケール 3kg(0.1g単位/300gまで) ホワイト KD-320-WH



ken22冒険日誌(まとめ)

当サイトではこの計量器を使ってサプリメントなどを計量して報告していければと思っています。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る