記事の詳細

「筋肉痛になっている時は休めた方が良いのか?」という質問をよく頂きます。一般的に「筋肉痛だったら運動してはいけない」といった言い回しが多いため、「筋肉痛なのに運動するの?」と疑問を持つ方が多いのでしょう。


スポンサーリンク



筋肉痛の時は筋トレを休んだ方がいいのか?

基本的に筋肉痛になっている部位はしっかりと休めなければいけませんが「運動してはいけない」事はなく「筋肉痛以外の部位」をトレーニングすると良いのです。

そこで「部位わけトレーニング」を採用する事により効率よく筋肉をつけていく事が可能になり得ます。一般的に部位わけトレーニングでは大きい筋肉を優先して日にちを部位別にわけるのが分かりやすくベターな部位わけトレーニングです。

例えば筋トレを週に3回のルーティンを組むとすれば脚トレーニングの日、胸トレーニングの日、背中トレーニングの日といった風にわけます。すると、胸トレーニングの日に脚の筋肉痛の回復をはかり、背中トレーニングの日には胸の筋肉痛の回復につとめる事ができます。

そして再び脚トレーニングの日を迎える頃には脚の筋肉痛が治った状態でトレーニングを実施する事ができるため、筋肉の修復効率も良く、トレーニングパフォーマンスを落とす事なく質の高いトレーニングが可能になり、効率よく筋肉をつけていく事ができるのです。

部位わけトレーニング事例

*胸トレーニングの日
胸トレーニングの日は胸中心のトレーニングは勿論ですが動作として「押し出す動作の種目」が多いため補助筋として三頭を使います。ですので胸トレーニングと三頭トレーニングを同じ日にすると効率よく小さな筋肉も鍛えられます。

*背中トレーニングの日
背中トレーニングは背中中心のトレーニングは勿論ですが動作として「引く動作の種目」が多いため二頭が参加しやすいです。従って背中トレーニングの日に二頭トレーニングをすると効率よく小さな筋肉も鍛えられます。

*脚トレーニングの日
脚は身体の中で1番大きな筋肉なので強度が高いトレーニングが求められます。従ってこの日のトレーニングは脚に集中してエネルギーをたくさん使うので食事量を増やします。


トレーニングが週何回できるか?によってトレーニング部位を相性良く組み合わせて行くことはとても大事ですね。

腹筋トレーニングの入れ込むタイミング

基本的に腹筋は体の柱であるためトレーニングの頭に実施すると大きい筋肉を追い込むためのパフォーマンスが落ちるため、腹筋トレーニングは種目の最後に組むと良いとされます。

しかしボディデザインの方針として「余力が全開のうちに腹筋を先に追い込む/優先する」といった組み方もできます。


人それぞれ身体づくりの方針に合わせて楽しくトレーニングできればいいですよね。それでは本日はここまで。今日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る