記事の詳細

今回は以前あげた記事とは内容は似つきますがまた違った視点で「筋トレしてもモテない理由」をまとめていきたいと思います。それでは書いていきましょう。

関連記事→(筋トレして筋肉つけたらモテる!?モテる理由とその根源)


スポンサーリンク



マッチョがモテない理由〜筋肉があればモテるわけではない〜

・筋肉があるからモテるわけではない

人は特技を持つとその能力を使ってアピールしたくなるものです。「筋肉持ち」はやはり「筋肉がある事」が特技なわけですからアピールも自然に「筋肉」になりやすいのでしょう。更に筋肉というアピールは実にお手軽でそのアクションが「数打ちあたれ」のごとく積極的になっていれば必然的に「褒められる確率」であったり「筋肉がタイプである異性」に行き着きやすいのだと考えられます。なので実質、「筋肉があるからモテている」のではなく「自信に溢れて行動し続けているからモテる事もあるし、人によってはモテる」のですね。

・個人的な経験談

あくまで一般人よりは筋肉のある僕の経験談的に言えば「筋肉があるからモテた」という事は数少ない方だと思います。「筋肉があるから喋る切っ掛けができた事」は男女問わずかなり多いですが、モテるモテないを言えば「人は人柄や雰囲気に惚れるもの」と思っていますので、筋肉はオプションとして「ついでにあるよ」くらいに考えておいた方が控えめで「モテる」傾向にあるのではないかと思います。

ポジティブに言えば先程にも言ったように「切っ掛けがあればチャンスも増えるもの」みたいな法則は実際にはかなりついてはいきます。

これを、「モテる」と表現する方も多いものですが、「惚れる惚れない」で言えば筋肉は異性からすると「モテる」という一方で「怖がられる対象」にも十分なり得てしまうものです。ですので「サッカーが美味い、絵が美味い」よりもインパクトを生みやすい分、時として惹かれやすく、突き放されやすくもあるものでしょう。

マッチョでモテてる人達は…

結局のところ「マッチョでモテている人達」というのは「自分」を常に利益的な軸にのせている傾向が強く、それが原動力となり「頑張っている人」として輝いている人達が多いです。「マッチョだからモテている」というよりも「仕事(頑張り事)ができているからモテている」と表現するとしっくりきます。

なので、モテたいのであれば「マッチョになる事」よりも「自分」を「利益を常に生んでいる軸」に乗せないと難しいのだと言えます。その道のうえで「鍛える事が楽しい人」が勝ちあがっていっているのでしょう。

とは言ったものの「達成を積む」というジャンルにおいては自信がつきやすいカテゴリーでありながら「利益を生む軸にのせる」に直結しやすいのも事実です。そういった意味では筋トレはかなり良い習慣オプションなので頑張っていきましょう。それでは今回はここまで。本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る