記事の詳細

まず,ここで言う” 結果 “というものは自分が満足するような体,友人などから「だいぶ変わったね!」と言われるようなことを” 結果 “とします。しかし,実のところ筋トレに” 結果 “というゴールは存在しません。筋トレ以外にも言えることですが,結果は常に経過の中に存在します。

見えないゴールに向かうというものは気分が悪いですよね。そんな時,トレーニングだけではなく,その他の継続自体に焦らない意志を持つための心得を紹介します。

簡単に結果が出ないことの重要性

筋トレにおいて,もしも簡単に結果がでれば” 肉体改造 “自体の価値が下がり,あまり評価されないものになってしまいかねません。筋トレは一軒家を建てていくように焦らずに練っていく必要があるのです。

今日から筋トレを始める者が存在し,今日から筋トレを挫折する者が存在します。

hinan2

挫折する者がいるからこそ肉体改造の価値が保たれ,トレーニングを始める者がいるからこそ同じ意志を持つ者が更に成長を促してゆくんです。

肉体改造は見られる環境に身を置くこと

肉体改造は何の目的も無しに,自宅でただただ1人で自分の自己満足のためだけにやっていると結果は一定です。自分の能力までは結果は出せるでしょうが,人から見られる環境下に身を置くよりも結果はスローリーな傾向にあるのだと考えます。

自宅でやっているのなら,外出/アウトドアする機会を増やすのも” 人から見られる環境下 “ですし,スポーツジムへ行くのも” 人から見られる環境下 “です。

そしてここで言う” 人から見られる環境下 “というのは” 評価される場/趣味を話し合う場 “という意味です。もう一つ言えば” ただ見られる “というだけでも人によっては良いようです。

9513538620_e3d69361b4_z
Does God Play Favorites/Kevin Shorter

それをよく考えて自分の結果をごく自然に見せるのが良いのです。例を言えば,闇雲に「 どう?成長した?どう? 」なんて1人1人に聞いて回るのと,ごく自然に「 何か趣味はある? 」と聞かれて自分のことを話すのとでは随分違った感想を貰えます。

話すべくタイミングで話し,評価されるべくところで評価され,ごく自然に” 見られる “のが理想的です。

また,自分なりに結果が出ていなくても” 見られるための交流 “は重要です。教える側は” 改めてのアウトプット “として成長を促し,教わる側は教わることで楽しみ方や成長のヒントを得れる可能性があるからです。

★POINT
周りを巻き込む自己満足が自分を大きく成長させます。

孤独にやって結果を出す人

孤独にやって結果を出す人というのも,なんだかんだでスポーツジムや職場などで” 見られる環境下 “に身を置いていたりします。そんな僕もネットワークがあまり好ましくない時期があり,” 鍛える “ということに関して誰とも触れ合わず,孤独に鍛えたかったのが大きくて自分なりのホームジムを作ったんです。

hinan3

孤独にやっていると初めは快適でしたが,” 何も変わらない日常 “に何の目的もない毎日,誰から見られることもない日々が続くと体も迷走してしまうのです。それでも孤独が良い人は孤独に鍛えたら良いと思いますが,僕の場合はFC2ブログやYoutube動画などで” 見られる環境下 “に身を置いてから著しく成長できていると自分で思えています。

そして,見られる環境下に身を置いていると,ごく自然に” 見る環境下 “が整い,凄い人を目の当りにして落ち込んでしまうこともあるでしょう。

ムキムキの人を見て焦ってしまう

人には” 素質 “というものがあり,ボディビル体型の人は若くしても5年もかからず常人離れした体になりやすいものです。勿論,天賦の才を持つような者が更に” 努力 “して手にする結果です。肉体改造という分野において,そんな” 凄い人 “がいるからこそ,より価値が上がり日本の希望となります。

どのような分野でもそうですが,” 凄い人 “という存在は大きくそれを見て落ち込むのは,まだまだ自分に夢中になっていない証拠です。もはや,その” 凄い人 “に夢中になっちゃっているのですね。

自分が頑張る分野に関して” 上がいる “ということに” やりがい “を感じて自分に夢中になりましょう。

★POINT
いくら凄い人でも継続ありきです。凄い人を超えるための条件は継続のみです。

中々結果が出せない人

中々結果が出せない人はトレーニングメモをしていない傾向にあります。ある程度まで結果が出せても,ある程度からはトレーニングメモがあることで全然違ってきます。

トレーニングメモで全てのセットを記録して次回行う時には,その記録を上回るよう努力すると小さな目標もできやすいです。それに,見た目が変わらなくても,レップ数や重量面で成長できていれば焦りは消えます。

また,中々結果が出せない人は食事管理において栄養が不足している可能性が高いです。炭水化物でしっかりエネルギーを補給し,運動量に見合った” たんぱく質 “を摂る必要があります。初めは体重×たんぱく質1g~2gを意識してトレーニングに励むと結果が出やすいです。

あとはビタミンやミネラルが豊富な野菜を摂取するとより良いです。



ken22冒険日誌(まとめ)

肉体改造というものは,種目種目のストリクトなフォームに基本的な食事管理を除いて,” それ以上 “を行こうとすると人それぞれに絶対的な答え/明確なやり方というものが存在しないため,試行錯誤を基本としなければならない。

重量や頻度,レップ数や若干のフォーム調整に種目に変化をつけることだけではなく,食事の試行錯誤。何万通りもある針の穴から” 自分のベスト “へ近づけていく喜びが” 筋トレ “である。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る