記事の詳細

行動を起こす際,自分が描くビジョン/イメージはとても大切です。何を想い,何のために自分が動いているのか?を明確化することで行動一つ一つの質が上がりますから。筋トレにおいても「何のために鍛えるのか?」その野望が明確になっている人程強いものです。

大会に優勝するため?家族を守る感覚を強く保つため?何でも良いじゃないですか。イメージや理由って大事です。

しかし,世の中の多くの人はビジョン/イメージすら掴めない人で溢れています。


スポンサーリンク



イメージしても現実に邪魔される

ime-k02

自分が描こうとしているビジョン/イメージがいまいちしっくりこず、ずっと悩んでいると「迷走している感じ」がして中々行動に力を入れることができないものです。「こうであればいい」とはいっても,やってくる悩みが”それ”を邪魔してきたりと,人生は中々上手くいきません。

いつも否定に敏感になり,自信を失う切っ掛けばかりに振り回されるのです。

否、人生は上手くいっている!「流れ」

ime-k01

ビジョンやイメージが定まっていれば「それに必要な価値観」しか向こうからやってきはしないと僕は考えています。その柱があやふやである程,否定に弱いです。

もしもビジョンやイメージを探している最中であれば,それもまた「イメージを見つけるための出来事/触発しか自分にやってこない」のです。

重要なのは求めているか?否か?

邪魔が入ればそれは心が強く保つよう気を緩んではいけない暗示と思えますし,無意味な交流と感じても人と交われば様々な触発を受けることができます。

実は人生は自分が思った以上に上手くいっていて上手くいっていないと思っている人程「上手くいっていない」と自分でビジョン/イメージしているだけなのです。そういう人は口癖のように「これが現実だ」と言い,「人生なんて上手くいかないもの」と言い,諦める自分を描いています。

ビジョン/イメージは行動で変わる!筋トレがそれを教えてくれた

ime-k03

ビジョン/イメージばかりに時間を費やしてしまいがちな僕はある日筋トレに教えてもらったのです。

「筋トレやってみろ!今悩んでいる現状よりも随分と景色が変わるぜ?」と。

日々筋トレ(行動)していると,【行動する前の自分が見えている景色(ビジョン)】と【行動した後に見えている景色(ビジョン)】って”超”がつく程違ってきていることに気付かされました。

筋トレが教えてくれた「行動した後でしか見えない景色」は偉大です。筋トレは重量挙げることでそれが自信になったり,鏡に映る成果が自信になったり,血流がよくなることで前向きになったりと様々なポジティブ効果があるので,たまたま「わかりやすい」だけ。

筋トレ以外にも言えることで,こうした記事書きでも「書いた後でしか見えない景色(ビジョン)」ってあるもの。お陰様でこのサイトももうすぐ1日1万アクセスも見えてきています。(いつもありがとうございます!)

一つ一つ「ビジョンを描いていきたい!と”真剣”にやっている」ことで見えてくるものがあります。だって「自分がその先見たい」って思っているんですから見えるし,見えだすと嫌でも進化していくんですよね。

迷走しているならとにかく行動。これに尽きます。

関連記事→(筋トレに答えは無いので結局は「今すぐ行動する人」が結果を出す)

それでは今日はここまで、本日も良き1日を。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

カテゴリー

関連記事

ページ上部へ戻る