記事の詳細

ハンギングサイドレッグレイズ内腹斜筋下部,外腹斜筋下部を中心に鍛えるトレーニングです。この種目は通常のハンギングレッグレイズの動作に“ひねり”を加えたものです。まずは通常のハンギングレッグレイズに慣れたうえで実施しましょう。

参考⇒ ウイダー・トレーニング・バイブル

ハンギングサイドレッグレイズのポイント-解説-

●体幹をひねるだけではなく,骨盤帯を回旋させる
●握力が先に尽きないようストラップ等を利用する
●その他の腹筋種目で,ある程度腹筋を鍛えたうえで実施する

▼注意点
●なるべく反動をつかわない

★POINT
通常のハンギングレッグレイズでもそうと言えるが,この種目は動作すると慣れていない場合グラついて腹筋に集中できない場合がある。その場合は慣れるまで1レップス1レップス着地して丁寧にレップを重ねよう。


★画像解説

正面から見た様子。
han-s1

斜め上から見た様子。
han-s2

ハンギングサイドレッグレイズの効果

主な効果 内腹斜筋,外腹斜筋
  
 補助効果  腹直筋下部
 
han-s0
 目標回数 10回~30回を目標に行う。

通常のハンギングレッグレイズを始めに,この種目はリストストラップを利用することで握力が尽きることなく腹筋に集中してトレーニングを行えます。


ハンギングサイドレッグレイズ効かせ方メモ

ハンギングサイドレッグレイズは,お尻を外に向けるイメージで行うとフォームをつくりやすいです。慣れていないとグラグラしてターゲット部位に集中できないので,着地を利用して体勢を立て直すと徐々にコツもつかめてきます。

僕の場合,腹筋種目は最後に持ってくる場合が多く,その分腹筋をするための体力が残っていない場合が多いです。汗

従ってドラゴンフラッグコロコロを実施したくてもレップ/筋肉に集中できない傾向にある場合があります。そんな時,通常のハンギングレッグレイズや,ハンギングサイドレッグレイズは僕の中で種目最後でも集中力を保て安い傾向にあります。

また,僕は通常のハンギングサイドレッグレイズ→限界時通常のハンギングレッグレイズ(足曲げ)というパターンで組むことが多いです。頻度に実施している甲斐もあって内腹斜筋,外腹斜筋の発達も著しく感じるようになってきました。

han-s01

人によって相性もあるとは思いますが,この種目はブラ下がるというストレッチも兼ねて好まれやすい腹筋トレーニングなのだと思います。



ken22冒険日誌(まとめ)

ハンギングサイドレッグレイズはカッコイイ腹筋づくりに欠かせないトレーニングだ。練習し始めはいまいちターゲット部位への意識がかけるが,やりこむとコツもつかめてきてターゲット部位への集中もできるようになってくる。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る