記事の詳細

身体をつくるうえで,断食という方法はイメージしにくいが,ダイエットをしていると” 断食 “という手段にいきつきやすい。特にダイエット初心者を初め,女性が行うダイエットというのは,断食というプランを計画しやすい傾向にある。

そして結局は断食によって制御された欲求が爆発してしまい,リバウンドしてしまうパターンはよく聞く話ではないだろうか。そういった事例が,あちらこちらで多発しているということからも,” 断食 “でダイエット,身体づくりをするという選択は” 間違いである “と決めつけられつつある。

少なくとも僕の場合,断食という方法は今まで” 間違いである “と思っていた。しかし,今回購読したマッスルアンドフィットネスで取り上げられていた内容によると,断食という方法も,原理を理解すれば1つの戦略としてなり得るのだと納得させられた。

参考: マッスル・アンド・フィットネス日本版 2014年5月号

断食が今まで間違いだと思っていた件

断食というのは,文字通り「1日を通して食事をしない」といった方法を示す。それはつまり,筋肉におくる栄養どころか,身体をメンテナンスするための栄養すらもシャットアウトすることを意味すると僕は解釈している。

しかし,身体づくりをする者にとって” 断食 “は様々な良い効果をもたらすという可能性を秘めているようだ。

食べものを摂らないと,インスリンレベルが低下する。インスリンレベルが低いと,体内に貯蔵された脂肪がエネルギー源として使われやすくなる。「断食」が体脂肪を落とすために有効なのはこのためだ。また,断食は炭水化物の代謝を高めることや,心臓病のリスク低下,体内の炎症反応の減少,その他にも加齢によるマイナスの影響を低減させ,寿命を延ばす効果をもたらすことが,研究で示されている。

P46: 「断食」を取り入れる

この記事を初め見た時には驚かされた。” 断食は栄養をシャットアウトしてしまう “どころか,上記のような様々な効果が期待できるとされている。確かに,人は栄養を摂取できない状態に置かれる程,潜在的な力を引き出すような生き物である。このことからも,断食については試す価値があるものだと考えることが出来た。

★POINT
本書で言う断食は12時間~24時間を推奨している。

そもそも断食で筋肉は減らないのか!?

断食において,代謝の関係や心臓病のリスク低下,更には寿命を延ばす効果が期待されることまでは分かりました。しかし,我々にとって最も気になる点は「断食によって筋肉が減るのではないか!?」という点です。

食べないということは異化作用を招くのではないかと思うのかもしれない。簡単にいえば,答えはイエスだ。しかし人類の歴史を考えてみよう。人間は食べものが満足にない時代が続いてもそれに耐えて生存し,進化してきたのだ。「異化」という言葉に恐れをなす人が最近は増えてきたが,実はこの現象には有益な作用もたくさんある。

たとえば,脂肪を分解してエネルギーを得ることも,「異化」の過程だ。

P47: 「断食」を取り入れる

つまり,脂肪の分解を促すためには筋肉の異化など恐れてはいけないといこと,筋肉をつける時に多少脂肪も一緒につくように,脂肪を落とす時にも多少筋肉が落ちることを想定しなければいけないということです。

★POINT
上記の断食という戦略をたてる場合,決して間違ってはいけないのがトレーニングしていない人へ向けての勧めではないということだ。

どのタイミングで断食を行うのか!?

断食というプランを自分の試行錯誤に取り入れる場合,どのタイミングで断食を取り入れれば良いのか?が迷いものです。そこで,理解しておかなければいけないのが,断食は間違っても毎日行うようなものではないということ。

本書によるとトレーニング休養日に断食を取り入れるよう勧められています。従って,毎日食べてはいけないと我慢するような我武者羅な方法ではないということであり,ちゃんと理解して実行するべきタイミングがあるということです。

短期間の断食は体内の貯蔵脂肪の減少や炭水化物の向上,筋肉の損失を防止する働き,代謝促進(36~48時間までの断食で認められている),そして寿命を延ばすといった効果をもたらす。しかし,ここであげるダイエットプランでは,休養日のみに断食を取り入れる。トレーニング日にはエネルギーをしっかりと補給し,トレーニングを効果的に行うとともに,体を完全に回復させる必要があるからだ。

P47: 「断食」を取り入れる

以上のことからも,トレーニング日にはしっかり栄養を摂りこむ前提での断食ということです。確かに長期間,何も食べない断食はリバウンドや筋肉が減ってしまう結果に繋がりやすいですが,この方法,自分のトレーニングリズムを理解.把握していれば断食を取り入れることで理想的な効果を実感できる可能性があるということです。

また,トレーニング休養日に行う断食は水のみを摂る(カフェイン,脂肪燃焼サプリメントはOK)という方法が推奨されています。

★POINT
人それぞれに合う方法、合わない方法があります。断食が効果的だからといって,自分にとって多大なストレスとなっていては本末転倒です。試行錯誤上の1つの道筋として無理のない継続を掴んでいきましょう。

参考: マッスル・アンド・フィットネス日本版 2014年5月号



ken22冒険日誌(まとめ)

この記事でいう断食とは何日も通して栄養を摂らない方法ではない。身体をつくるためにトレーニングしていて,かつ,断食をトレーニング休養日に行う方法を指す。休養日に12時間~24時間の断食を取り入れることで,代謝を促し,脂肪の分解を促進させるのだ。

ここまでの僕の解釈だが,断食という方法は週5~6回のトレーニングリズムを置いている人には有効的ではないかと思われる。なぜなら,週にOFFが多ければ多い程,断食によって栄養を身体に取り入れる機会が減るからである。

また,~12時間の断食なら応用を効かせられそうだ。この方法は自分なりにもアレンジ(トレーニング休養日の栄養価バランスを変えるなど)して少しずつ試していきたい。

writer-SR

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る